エンゼルス・大谷、キャンプイン 豪快7発でソーシア監督を驚かせる 日本ハム・栗山監督も緊急見学

2月15日(木)7時10分 スポーツ報知

曇り空の中、メジャーで初めてのスプリングトレーニングをスタートさせた大谷翔平

写真を拡大


 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が14日(日本時間15日)、米アリゾナ州テンピのエ軍施設でキャンプイン。フリー打撃では33スイングでバックスクリーン左への125メートル弾を含む7本の柵越えをマークし、マイク・ソーシア監督を驚かせた。

 練習途中から雨が降る悪天候。打撃練習前には古巣・日本ハムの栗山英樹監督が視察に訪れた。エンゼルスのエプラーGMら多くの関係者が見守る中、広角に安打性の打球を19本。大谷の表情からキャンプ初日の緊張感を感じ取った栗山監督は「余裕を持たない翔平はすごく素敵。その方が力を発揮しやすいタイプだから。久々にああいう表情を見られて良かったね。(打撃練習を見て)オレはすごく安心した。こっちの強い球に対応してくると信じている」と話した。

 この日はキャッチボール、投内連係などに汗を流した。キャンプ2日目の15日にブルペン入りする予定だ。

スポーツ報知

「エンゼルス」をもっと詳しく

「エンゼルス」のニュース

BIGLOBE
トップへ