カーリング日本女子 3連勝へ向けて夜に韓国戦 吉田知「相手の歓声も力に」 

2月15日(木)12時8分 スポーツニッポン

デンマークを8−5で下して開幕2連勝を飾った日本女子は、試合後、勝利のハグ(AP)

写真を拡大

 ◇平昌五輪 カーリング女子1次リーグ 日本8—5デンマーク(2018年2月15日)

 前日14日の米国戦に続き、同9位のデンマークにも快勝し、連勝スタートを飾ったカーリング日本女子。勝利の瞬間は笑顔も飛び出したが、スキップの藤沢五月(26)は「まだまだ予選(1次リーグ)が長いので、まずは2連勝って感じ。どの試合も大切きのうとは違う氷で戦ったことで、若干課題も残った。反省して次に臨みたい」。準決勝進出を見据え、浮かれる様子はなかった。

 序盤に3点をリードしながら、一時は逆転を許した。それでも「焦らずチャンスを待った。集中できていた」と藤沢。勝因の一つに第8エンドでのタイムアウトを挙げ「チャンスでもあり、ピンチでもあった。時間もあったので(タイムアウトを)取ってよかった」と振り返った。

 この日夜には韓国戦が控える。「地元の歓声がすごいので飲まれないようにしたい」と藤沢。3連勝へ向け、サードの吉田知那美(26)も「アウェー感を味わえるのが五輪という特別な舞台。相手の歓声も力になる。私たちらしいプレーをみてもらいたい」と頼もしく話した。

 ▼本橋麻里(フィフス) モーニングゲームということで情報が少ない中、情報をたくさん集めようと臨んだ。試合が進むにつれて、情報がまとまって投げられていた。

スポーツニッポン

「カーリング」をもっと詳しく

「カーリング」のニュース

BIGLOBE
トップへ