トットナム、ユーベとドロー 敵地で執念、2点差追い付いた

2月15日(木)7時8分 スポーツニッポン

 ◇欧州チャンピオンズリーグ・決勝T1回戦第1戦 トットナム2—2ユベントス(2018年2月13日)

 決勝トーナメントが開幕し、13日に1回戦第1戦の2試合が行われた。トットナムは敵地で昨季準優勝のユベントスと2—2で引き分け。序盤に2失点したが、イングランド代表FWハリー・ケイン(24)の得点などで追いついた。マンチェスターCは敵地でバーゼル(スイス)に4—0と大勝。このカードの第2戦は3月7日に行われる。

 トットナムはエースのケインが今季大会2位の7点目を決めた。2点を追う前半26、32分と元イタリア代表GKブッフォンの好守に阻まれていたが、同35分に裏へ抜け出して名守護神もかわし左足でゴール。後半にはデンマーク代表MFエリクセンが意表を突く低いFK弾を決めた。敵地でボール保持率67%と主導権を握り、2点差を追いついて価値あるドローに、ポチェッティーノ監督は「ここに来てユベントスを圧倒できるチームは、なかなかいない」と手応えを口にした。

スポーツニッポン

「ドロー」をもっと詳しく

「ドロー」のニュース

BIGLOBE
トップへ