宇野昌磨 順調な仕上がり 羽生でプレッシャー軽減「視線をあまり感じない」

2月15日(木)15時48分 スポーツニッポン

SPに向け練習する宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)

写真を拡大

 平昌五輪フィギュアスケート男子の金メダル候補、宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が15日、江陵アイスアリーナのサブリンクで行われたショートプログラム(SP)の前日練習で順調な仕上がりを見せた。

 SPの曲をかけた際は4回転フリップ、4回転—3回転の連続トーループに成功。トリプルアクセル(3回転半)で転倒する場面もあったが、団体戦のSPで1位となった好調ぶりを維持していた。

 復帰戦となる羽生に注目が集まることで、プレッシャーが軽減。「視線をあまり感じないので、すごくラクだなと思ってます。うれしいです」と笑顔を見せていた。

スポーツニッポン

「宇野昌磨」をもっと詳しく

「宇野昌磨」のニュース

BIGLOBE
トップへ