大谷が身体検査 エ軍ソーシア監督は会見で明言「第一に投手」

2月15日(木)7時8分 スポーツニッポン

ソーシア監督と握手を交わす大谷(右)

写真を拡大

 エンゼルス・大谷が13日(日本時間14日)、バッテリー組の集合日を迎えた。メイン球場で打撃練習、約50メートルの距離のキャッチボールで汗を流し、身体検査にも臨んだ。

 マイク・ソーシア監督が会見を開き、大谷について「第一に投手として考えている。実力通りに投げられれば打撃よりもチームに影響力があるはず」と語った。二刀流の活用プランは投手から練り上げていく方針で、改めて「先発投手6人制」も明言。「翔平だけでなく他の投手たちが健康でいられる良い方法」と説明した。(テンピ・柳原 直之)

スポーツニッポン

「身体検査」をもっと詳しく

「身体検査」のニュース

BIGLOBE
トップへ