巨人 吉川光 200球超で理想の感覚に「それをすぐに投げられるようにしたい」

2月15日(木)17時58分 スポーツニッポン

 巨人の吉川光が、ブルペンで270球を投げ込んだ。高橋監督が後方で見守る中、直球、スライダー、カーブを投じて「しっかり腕を振って投げることができた。精度、質、量の全てを求めて投げた」と振り返った。

 加入1年目の昨季は1勝3敗に終わった。12年目のシーズンへ向けて「去年は悔しい思いをした。やり返したい気持ちはある」と雪辱を誓う。200球を超えたところで、理想の感覚で投げられたといい「それをすぐに投げられるようにしたい」と課題を口にした。

 高橋監督は「ブルペンでいいボールもたくさんあるし、どれだけ実戦で数多く見せられるか。彼本来の投球を実戦でもしてほしい」と期待を寄せていた。

スポーツニッポン

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

BIGLOBE
トップへ