大坂なおみ、混乱からの脱却。コーチはいつ「勝利を確信した」のか

2月15日(月)16時50分 Sportiva

 相手のショットがラインを割るが否や、ファミリーボックスの面々は一斉に拳を振り上げて立ち上がり、円陣を組んで喜びを分かち合った。

 これまでは、勝利を見届けると席を立つことの多かった"チームなおみ"の面々が、この時はオンコートインタビューを最後まで見守り、力のこもった拍手を送る。

【写真】花の都パリに美女降臨。全仏OPを彩った 「ファンタスティック・フォー」


勝負どころでポイントを奪って叫ぶ大坂なおみ
 安堵と憔悴の色を顔に宿すコーチのウィム・フィセッテに「寿命が縮まったのでは?」と声をかけると、「僕、本当は20歳なんだよ。すごく老けて見えるだろ?」と、ややぎこちない笑みでジョークが返ってきた。

 歓喜と疲労と、それら情動の共有と----。チームの絆と、それがあってこその勝利であることが、克明に浮かび上がる光景だった。

「タフな試合になることは、戦前からわかっていた」とは、大坂なおみとコーチの両者が、試合後に口にした言葉である。

 グランドスラムの4回戦は、大坂にとって常に、優勝か否かの分水嶺。相手は元世界ランク1位にして、2度のグランドスラム優勝を誇るガルビネ・ムグルサ(スペイン)。そして両者は、初対戦。

「タフな試合」になる材料は、たしかにすべて揃っていた。

 昨シーズンから大坂のコーチに就任したフィセッテは、データ分析と戦術立案に長けた知将として名を馳せる。初対戦となる強敵との対戦前も、フィセッテはさまざまな"レクチャー"を行なったという。

「いつものように、ビデオ・プレゼンテーションをした。ガルビネのサーブの球種やコース、彼女の弱点を示した」

 そのうえで、いかにして相手からポイントを取るか、そして勝利を得るための戦術についても話し合ったという。

 ただ、いかに動画を解析し情報を得ていても、ネットを挟み対峙した時に目にする光景や、相手から覚える威圧感は、実際にコートに立ってみなくてはわからない。

 ましてや、大坂は試合前からムグルサに対し、ある種の「畏敬の念」を覚えていたと言った。

「彼女はとてもプロフェッショナルで、感情を表に出さない。それは本当にかっこいいと思う。

 ただ、自分が対戦するとなると、彼女の考えを読むのがものすごく難しい。私は相手の感情を読むのが得意だけれど、彼女のはできなかった。

 それに、彼女は長身なのに、動きがよくコートカバー能力が高い。だからウイナーを狙おうと思った時、相手コートがものすごく小さく見えてしまうの......」

 そのような視覚的威圧感に加え、ボールを打ち合いながら感じる強大なプレッシャーもあったという。

「少しでも私のボールが浅くなると、主導権を奪われ、自分から攻めるのは不可能になる。だから常に張り詰めた精神状態だったし、自分の心地よいタイミングでボールを打つこともできなかった」

 簡単に見えるチャンスボールを、幾度もアウトにした理由が、ここにある。

「頭が混乱していた」

 そう振り返る大坂の姿は、コートサイドで見守るコーチの目にも、「予習どおりにできていない。ショット選択を誤っている」と映っていた。

 思うような試合運びができないながらも、第1セットを失ったあとの第2セットを、大坂は数少ないチャンスをモノにして掴み取る。

 だがそれでも、どこかチグハグした心技体は、カチリとは噛み合わない。

 第3セットの第5ゲームではミスに苛立ちラケットを投げ、最後はダブルフォルトでブレークを献上する。第8ゲームではブレークバックの機を逃すと、続く自身のサービスゲームでミスを重ね、相手の2連続マッチポイントの危機に瀕した。

 勝敗は決した......。試合を見ていた人の多くが、そう思っただろう。当の大坂も、「1年前の私だったら、あのまま負けていた」と述懐したほどだ。

 だが、今の彼女は、そうではない。

「試合を通じてサーブはよくないけれど、このセットはサーブのスタッツ(統計)もいいはず。まずはこの一本に集中しよう」

 最初のマッチポイントでは、そう自分に言い聞かせたという。

 実際に第3セットでの大坂は、ファーストサーブの確率こそ低いものの、入った時には1〜2セットよりもはるかに高い80%のポイント獲得率を記録していた。その自らの感覚を信じ、彼女はセンターに191キロのサーブを叩き込む。ムグルサは、反応すらできなかった。

 このエースを皮切りに4ポイント連取で危機を切り抜けた大坂は、続く相手のサービスゲームでは、「私のリターンはよくなっている。相手も重圧を感じているはずだ」と感じていた。たしかに第3セットでの大坂のリターンポイント獲得率は高く、とくに相手のセカンドサーブでは7割以上を叩き出していた。

 その実績を自信に変え、彼女は深いリターンからストローク戦の主導権を握る。「長いラリーに持ち込んで、ここぞという時に決めに行く」という策は、終盤の2連続ウイナーとして完遂された。

錦織圭は輝きを取り戻せるか。似た境遇の同世代ライバルに聞いた>>

 このゲームをブレークし、ゲームカウント5−5に並んだ時、彼女は「試合前にウィムが教えてくれたことを思い出し、すべてが噛み合い出した」という。

 その時、ボックスに座るコーチも「試合前に話していた作戦どおりに戦えている」と、勝利の確信を深めていた。

 大坂が試合中に体感したサーブやリターンの向上と、客観的な数字が合致したのは、実は偶然ではない。

 フィセッテはコーチに就いて以来、試合後にさまざまなデータを大坂に示してきたが、最近では大坂のほうから「私のウイナーとエラーの比率は?」「セカンドサーブのスタッツは?」と聞いてくるようになったという。それらデータは、時に身体的感覚と乖離していたこともあった。ただ、実戦とデータ照合のプロセスを重ねるうち、両者は徐々に重なってきたのだろう。

 戦前に得た情報と実感が噛み合っていくように、あるいは試合中の体感とスタッツが合致するように、コーチをはじめとするチームの教えと大坂の思考も、同じ方向を指して重なり合っている。

 準々決勝の相手は、ムグルサとはまったくタイプの異なる"業師"のシェイ・スーウェイ(台湾)。過去に幾度も苦戦を強いられた難敵だが、今の"チームなおみ"なら必ず勝機を見いだせるはずだ。


Sportiva

「ポイント」をもっと詳しく

「ポイント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ