「相手の歓声も私たちの力に」韓国戦へLS北見

2月15日(木)13時23分 読売新聞

 平昌五輪カーリング女子1次リーグで15日、開幕2連勝を飾った日本女子代表のLS北見が、同日夜に行われる地元・韓国との次戦に向けて警戒感を強めた。

 この日午前のデンマークとの試合中、隣で韓国とカナダの試合が行われており、スキップの藤沢五月は「やっぱり地元ということで、すごい歓声があった。のみ込まれないように、自分たちのやるべきことに集中したい」と気を引き締めた。

 一方、サードの吉田知那美は「あまりアウェー、ホーム(の雰囲気の差)がないカーリングなんですが、完全アウェーみたいな空気感でできるのもオリンピックの特別な舞台だから。相手の歓声も、多分私たちの力になる」と、五輪ならではの雰囲気を楽しむつもりだ。

 韓国はカナダとの初戦に8—6で勝利。日本—韓国戦は午後8時5分開始を予定している。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

BIGLOBE
トップへ