オコエ瑠偉、“アフリカ選手をチンパンジー”問題に言及

2月16日(土)11時13分 ナリナリドットコム

プロ野球・楽天イーグルスのオコエ瑠偉外野手(21歳)が2月15日、Twitterを更新。別府大分毎日マラソンで通訳を務めた50代女性が、アフリカの選手についてブログに「チンパンジー」などと書き込んでいた問題に言及している。

この問題は、マラソン大会に招待されたアフリカの選手について、通訳の女性が自身のブログに「チンパンジーや古代の原始人とコミュニケーションしている感覚」「最初はシャイだったチンパンジー達」などと記載していたもの。

オコエ選手はこの問題を報じたYahoo!ニュースの記事を投稿し、「少なからずいるんだよ。俺らは我慢するだけ」とコメント。妹で女子バスケットボールのオコエ桃仁花選手(20歳)も“めまい顔”の顔文字と共に、同じ記事をツイートしている。

オコエは、父がナイジェリア人、母が日本人。2016年オフには父の故郷・ナイジェリアを初訪問。野球教室を開き、少年たちを指導した。

ナリナリドットコム

「アフリカ」をもっと詳しく

「アフリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ