BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

世界最優秀主審のクラッテンバーグ氏がプレミアリーグ辞任…サウジへ移籍

サッカーキング2月16日(木)23時6分
画像:サウジアラビアへの移籍が発表されたクラッテンバーグ氏 [写真]=Getty Images
写真を拡大
サウジアラビアへの移籍が発表されたクラッテンバーグ氏 [写真]=Getty Images
 2016年の世界最優秀主審賞に輝いたマーク・クラッテンバーグ氏が、プレミアリーグでの審判職を辞任し、サウジアラビアに移籍することが決まった。プレミアリーグ公式サイトが16日に伝えた。

 イギリスメディア『BBC』によると、現在41歳のクラッテンバーグ氏は、2月5日にサウジアラビアサッカー連盟の審判部門部長を辞任した元審判員のハワード・ウェブ氏の後任として、自動更新付きの1年契約を締結。サウジアラビアの審判員のパフォーマンス向上などに務めるかたわら、サウジ・プロフェッショナルリーグでも笛を吹くという。

 なお、2月25日から行われる第26節の前にプレミアリーグを辞任する予定で、2月11日に行われた前節のアーセナル対ハルの一戦が最後の試合となったようだ。

 イングランドのプロ審判協会(PGMOL)は「サウジアラビアサッカー連盟への移籍に向けて準備をしているマーク・クラッテンバーグ氏の成功を祈っています。マークは才能あるレフリーで、イングランドにとって非常に価値のある存在です。この移籍は、マークにとって絶好のチャンスであり、高い評価を受けるイギリス人審判の能力を世界の試合を通じてさらに強調するものであると認識しています」との声明を発表している。

 イギリス人のクラッテンバーグ氏は、当時25歳の2000年にフットボールリーグで初めてプロの試合で主審を務め、2004年にはプレミアリーグに昇格を果たした。現在はプレミアリーグで主審を務めるほか、UEFA(欧州サッカー連盟)からの評価も高く、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝やユーロ2016決勝でも笛を吹き、昨年の世界最優秀主審賞にも輝いた。

 名実ともにトップレフリーのクラッテンバーグ氏は、昨年12月にも中国スーパーリーグへの移籍が報じられていたが、「議論しているオファーはない」として、「現時点ではプレミアリーグとUEFAのために働くのが好きだね」とコメントしていた。
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「プレミアリーグ」「辞任」「移籍」「審判」の関連トピックス

「プレミアリーグ」をもっと詳しく

注目ニュース
ハム井口、まさかの反則投球判定に「いろいろ考えながらやっていきたい」 フルカウント8月19日(土)21時35分
2段モーションの指摘、キャンプ中にも1度注意を受ける日本ハムの2年目右腕・井口和朋投手が19日、本拠地での西武戦で初めてボークを宣告された。[ 記事全文 ]
仙台育英・馬目V打「頭が真っ白」大阪桐蔭を撃破 日刊スポーツ8月19日(土)20時22分
<全国高校野球選手権:仙台育英2−1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦仙台育英(宮城)が9回2死走者なしから大逆転サヨナラ勝ちで、今春のセンバツ王…[ 記事全文 ]
大阪桐蔭・中川痛恨一塁ベース「またいでしまった」 日刊スポーツ8月19日(土)20時22分
<全国高校野球選手権:仙台育英2−1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦史上初の2度目の甲子園春夏連覇を目指した大阪桐蔭が、サヨナラ負けで姿を消した。[ 記事全文 ]
仙台育英10年夏にも敵失星!大阪桐蔭ミスで命拾い 日刊スポーツ8月20日(日)5時0分
<全国高校野球選手権:仙台育英2−1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦大阪桐蔭が、まさかの結末で史上初となる2度目の春夏連覇を逃した。[ 記事全文 ]
国体初のドーピング…ケイリン男子選手資格停止 読売新聞8月19日(土)20時19分
日本スポーツ仲裁機構は18日、昨年10月の岩手国体のドーピング検査で陽性反応を示したケイリンの男子選手(23)に対し、同月から4か月間の資格停止とすると発表した。日本体育協会によると国体でのドーピング違反は、2003年の検査開始以来、初めて。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア