BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【ビデオ】1970年代のフェラーリF1用エンジンが、ダイナモテストで青い炎を放つ!

日本版Autoblog2月17日(金)10時0分
画像:【ビデオ】1970年代のフェラーリF1用エンジンが、ダイナモテストで青い炎を放つ!
写真を拡大


寒い冬の日には、10,000rpmで唸るフェラーリの3.0リッター水平対向(正確には180度V型)12気筒エンジンの音が聞きたくなるものだ。今回ご紹介する映像では、シャシーから解放されたフェラーリのF1用エンジンが全身全霊で回転している。青い炎と素晴らしい音色。これ以上に求めるものなんてあるだろうか。

このエンジンは、1970年代初期のF1マシン「312B2」に搭載されていたもので、ダイナモメーターの値は最終的に9,800rpmで365hpの出力を発生したことを示した。この時代のF1用エンジンは、ル・マン用プロトタイプのために開発されたものと比べると、耐久性を犠牲にして設計されていることが多い。しかし、このエンジンを手がけたCarobu Engineering社では「現存するエンジンのコンポーネントを通常通りにリビルドしただけで、出力を上げるための改造は施していません。最も注意を払ったのは、信頼性とクリーンに回ることでした。多くのパワフルな旧いF1エンジンとは違い、このエンジンは今でも非常に信頼性が高く、スムーズです」と述べている。

同社によれば、このエンジンは数年の間に2度、リビルドされたという。1度目はタイミングギアが壊れた時で、直してダイナモメーターで計測したら289hp/9,000rpmだったが、今回はルーカス社製の機械式燃料噴射装置を調整し、点火装置を最適化したことで、365hp/9,800rpmまで向上したという。



By Antti Kautonen

翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Copyright(C)AOLオートブログ

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「エンジン」「フェラーリ」「ビデオ」「映像」の関連トピックス

「【ビデオ】1970年代のフェラーリF1用エンジンが、ダイナモテストで青い炎を放つ!」の関連ニュース

注目ニュース
王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る NEWSポストセブン3月28日(火)16時0分
プロ野球の長いシーズンで特別な意味を持つのが「開幕投手」。しかし、1996年の開幕戦で、開幕投手を巡って“世界の王”が激怒するという事件が…[ 記事全文 ]
久保、1ゴール2アシストで勝利の立役者に。「とにかく仕掛けようと思った」 フットボールチャンネル3月28日(火)22時28分
【日本4-0タイ2018年ロシアW杯アジア最終予選】日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選でタイ代表と対戦し、4-0の勝利を収めた。[ 記事全文 ]
カブスが川崎を解雇…米国で6年目シーズンを前に スポーツ報知3月29日(水)1時39分
カブスは28日、マイナー契約で招待選手として米アリゾナ州メサでのメジャーキャンプに参加していた川崎宗則内野手(35)の解雇を発表した。[ 記事全文 ]
稀勢の里の父語る嫁取りの壁 お見合い殺到も「結婚10年ダメ」 女性自身3月28日(火)0時0分
「国技をやっている者の親としては、日本の子供の数がどんどん少なくなっているというのは大いに困りますよ。だからね、寛(稀勢の里の本名)の結婚…[ 記事全文 ]
ハリル大勝にも「まだ3試合残っている」 スポーツ報知3月28日(火)21時42分
◆18年ロシアW杯アジア最終予選B組第7戦日本4—0タイ(28日・埼玉スタジアム2002)タイに4—0で圧勝して、勝ち点3を挙げた日本代表…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア