レーシングポイントF1が2020年を戦う新マシン『RP20』をアンベイル。混戦の中団で巻き返しへ

2月17日(月)23時11分 AUTOSPORT web

 レーシングポイントF1チームは、2月17日(月)にオーストリアのモンゼーで体制発表会を行い、2020年型新マシン『RP20』を発表した。


 2019年はカナダ国際オートショーで体制発表会を行ったレーシングポイントだが、今年はチームの主要スポンサーである水処理システムメーカー『BWT』の本社があるモンゼーにて発表会を行った。


 レーシングポイントは、前身のフォースインディアをローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムが買収し、2018年シーズンのサマーブレイク明けから『レーシングポイント・フォースインディアF1チーム』に、2019年から正式に『レーシングポイント』の名前で承認されたチームだ。


 2018年は活動資金が不足したまま2019年型マシン『RP19』の開発を始める時期を迎えてしまった。これによりRP19の開発に十分には注力できず、RP19は2018年型マシンのパーツを複数使用したマシンとなった。


 セルジオ・ペレスと新たに加入したランス・ストロールのふたりを起用した2019年は、最高位はストロールが第11戦ドイツGPで記録した4位で、コンストラクターズランキングは7位。2020年も引き続きペレスとストロールのコンビで、厳しい中団争いを戦っていくことになる。


 なお、ローレンス・ストロールがアストンマーティンを買収して株式を取得したため、レーシングポイントのチーム名は2021年より『アストンマーティン』に変更される。


AUTOSPORT web

「オーストリア」をもっと詳しく

「オーストリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ