2019/20フォーミュラE第4戦:ジャガーのエバンスが完勝。ニッサンのブエミが3位表彰台を獲得

2月17日(月)11時49分 AUTOSPORT web

 メキシコの首都、メキシコシティで2019/20ABBフォーミュラE選手権の第4戦が行われた。レースは予選2番手からスタートしたミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)が優勝した。


 ニッサン・e.ダムス勢はセバスチャン・ブエミが3位表彰台を獲得、チームメイトのオリバー・ローランドも7位入賞を果たした。


 第4戦のポールポジションを決めるスーパーポールに進出したのは、ミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)、ニック・デ・フリース(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)、アンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)、パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ・レーシング)、セバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)、サム・バード(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)の6人。


 ニッサン・e.ダムスのブエミもスーパーポールに進出し、フロントロウ獲得も期待されたが5番手タイムに終わった。予選アタックを決めたのは、日本でもおなじみロッテラー。自身2度目、参戦初年度のポルシェにとっては初のポールポジション獲得となった。

メキシコシティE-Prixでポールポジションを獲得したアンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)
メキシコシティE-Prixでポールポジションを獲得したアンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)


 F1も開催されているエルマノス・ロドリゲス・サーキットの観客スタンドは超満員となり、そんなスタンドから大歓声がドライバーたちに送られるなか、45分+1周の決勝レースが幕を開けた。


 ホールショットを決めたのは2番手スタートのエバンス。エバンスは1コーナーでロッテラーと軽く接触しながらも、オーバーテイクし首位に立つ。


 ロッテラーは接触の影響でわずかにコースアウト、4番手まで後退してしまう。2番手まで浮上したのはデ・フリースだが、2周目にブエミがデ・フリースのインに飛び込みオーバーテイク、変わって2番手に上がる。

ジャガーのエバンスがスタートでホールショット、トップの座を奪う
ジャガーのエバンスがスタートでホールショット、トップの座を奪う
スタジアムセクションには多くの観客がドライバーたちに大声援を送った
スタジアムセクションには多くの観客がドライバーたちに大声援を送った


 3周目、ニコ・ミューラー(ジェオックス・ドラゴン)が1コーナーで姿勢を乱し、単独クラッシュを喫してしまう。このアクシデントによりセーフティカーが導入。


 ミューラーの車両が回収されレースは5周目から再開。再スタートでは各車クリーンな出だしをみせる。


 しかし、優勝の期待がかかるロッテラーのペースが上がらず6番手まで後退。後方ではフェリペ・マッサ(ベンチュリ・フォーミュラEチーム)のマシンが1コーナーでウォールにヒットしてしまい、左フロントを壊しストップ、リタイアとなってしまう。


 10周目、5番手争いを繰り広げるデ・フリースとロッテラーが接触。ロッテラーは右フロントフェンダーを破損してしまい、オレンジボールが提示されピットイン。これで優勝戦線からは完全に脱落となってしまった。


 首位を走行するエバンスは後続を引き離しながら順調にレースを進めていく。2番手走行のブエミはペースが上がらず、アタックモードを使用するバードの先行を許してしまった。


 レース残り22分、トップはエバンス、2番手バード、3番手ブエミというオーダーで変わらず。各車アタックモードを使用していくが、大きな順位変動は起こらずレースは進む。


 18周目にアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)が付与されたファンブーストを使用し、前を行くデ・フリースに1コーナーで追い抜きを仕掛ける。


 ここではダ・コスタが一旦下がるが、ブロックしようとイン側によったデ・フリースがブレーキロック、コントロールを失ってしまう。そのまま曲がりきれずに、アウト側を走行していたロビン・フラインス(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)と接触してしまった。


 デ・フリースはそのままコース外に直進、とばっちりを受けてしまったフラインスもコースアウトしてしまい順位を下げてしまった。


 レース残り12分、3番手を走行するブエミにダ・コスタ、ジャン-エリック・ベルニュというDSテチーターの2台が接近してくる。ダ・コスタとベルニュはチームオーダーを出しながら互いに追い抜きを狙ってくるが、これは成功せず逆にブエミに逃げられてしまう形に。

今大会、速さは見せながらも結果には結びつかなかったメルセデスのバンドーン(右)とデ・フリース(左)
今大会、速さは見せながらも結果には結びつかなかったメルセデスのバンドーン(右)とデ・フリース(左)
毎戦レース後半に上位浮上してくるDSテチーターの2台。予選が課題と語るのは表彰台を獲得したダ・コスタ
毎戦レース後半に上位浮上してくるDSテチーターの2台。予選が課題と語るのは表彰台を獲得したダ・コスタ


 レースは残り10分を切るが首位エバンス、2番手バード、3番手ブエミというトップ3は変わらず順調にレースを進めていく。


 だがレース残り7分となる28周目、ブエミの背後にアタックモードを使用したダ・コスタが迫ってくる。ここでレース後半のエネルギーマネジメントに定評のあるDSテチーターのダ・コスタがブエミをオーバーテイクし3番手に浮上。


 レース残り5分、ダ・コスタは2番手バードに急接近、バトルを繰り広げる。しかしバードが一瞬タイミングを誤りブレーキロック、そのままウォールへヒットしてしまいストップ。表彰台が見えていただけに悔しい結果となってしまった。


 9番手からスタートしたダ・コスタはこのアクシデントで2番手に浮上。5秒前を走行する首位エバンスの追い上げを図る。


 しかしエバンスは堅実な走りを見せてトップフィニッシュ。2位にダ・コスタ、3位にニッサンのブエミという結果になった。


 ニッサン・e.ダムスは今シーズン初ポイントを3位表彰台という形で獲得。チームメイトのオリバー・ローランドも7位に入賞し、ニッサンはダブル入賞を果たした。


 なおレース終了後、9位フィニッシュのジェームス・カラド(パナソニック・ジャガー・レーシング)と12位フィニッシュのフラインスに失格処分が下されている。


 そしてフォーミュラEのサポートレースである『ジャガーIペース eトロフィー』に今戦より参戦している青木拓磨は、予選11番手から追い上げを見せ総合5位、クラス3位フィニッシュという結果で、eトロフィー初レースを表彰台で飾った。


 フォーミュラEの次戦は、2月29日にモロッコのマラケシュで第5戦が行われる。

スタートでトップに立つと、危なげない走りで優勝を果たしたエバンス
スタートでトップに立つと、危なげない走りで優勝を果たしたエバンス
予選9番手から追い上げを図ったダ・コスタが見事に2位表彰台に
予選9番手から追い上げを図ったダ・コスタが見事に2位表彰台に
3位表彰台を獲得したセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)
3位表彰台を獲得したセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)


AUTOSPORT web

「フォーミュラE」をもっと詳しく

「フォーミュラE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ