コンテ監督、ユーベの“王子”マルキージオ引き抜きか。チェルシーの目玉補強に

2月17日(金)7時1分 フットボールチャンネル

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督はユベントスの象徴ともいえる“王子”の引き抜きを画策しているようだ。14日、イギリス『トークスポーツ』が報じている。

 コンテ監督が獲得を狙っているのはユベントスのクラウディオ・マルキージオだ。同選手はユベントスの下部組織出身。クラブの象徴としてプリンチピーノ(小さな王子)の愛称でファンに愛されている。

 マルキージオは昨年4月に左膝十字靭帯を断裂し、長期離脱を強いられていた。今季は未だ公式戦14試合出場に留まっており、1月からマッシミリアーノ・アッレグリ監督が4-2-3-1の布陣を採用したことで出場機会減少の可能性も囁かれている。

 それでも、ユベントスと同選手は相思相愛の関係だ。マルキージオとクラブの契約は2020年まで残っている。コンテ監督にとってマルキージオは2011年から2015年までともにユベントスで戦った愛弟子だが、引き抜きは非常に難易度の高いミッションといえそうだ。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ