審判にも爆買いの流れ。EURO2016決勝を務めた主審がサウジアラビアへ

2月17日(金)8時1分 フットボールチャンネル

 近年、中国資本によるサッカー選手や監督の爆買いが話題を呼んでいるが、審判に関しても高給による引き抜きの流れが訪れたようだ。

 英紙『ガーディアン』ら複数のメディアが16日にマーク・クラッテンバーク氏がプレミアリーグからサウジアラビアリーグへと移籍したことを明かしている。同氏はEURO2016決勝で主審を務めており、プレミアリーグでNo.1との評価も得ていた。

 クラッテンバーク氏は中国スーパーリーグも招聘を狙っていたと報じられていたが、最終的にはサウジアラビアリーグを選択している。選手や監督も高給によって欧州トップリーグから人材が流出する時代が訪れてるのだろうか。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サウジアラビアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ