エジルへの非難に不満の代理人「スケープゴートにされている」

2月17日(金)14時8分 フットボールチャンネル

 アーセナルのMFメスト・エジルの代理人は、選手に対する評価が不当だと主張した。英『BBC』で語っている。

 現地時間15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのバイエルン戦で、アーセナルは1-5と大敗した。このゲームでは特にエジルのパフォーマンスが酷評されているが、エルクト・ソグト代理人は次のように反論している。

「バイエルンのボール支配率は74%だった。ボールを持っていないチームの10番がどうやってチャンスをつくると言うのだ? こういった試合では、大金がかかっている選手が槍玉に挙げられる。この場合はメストだ。だが、彼はいつでもスケープゴートになるべきではない。それはフェアじゃないだろう」

「サッカーはチームスポーツだ。アーセナルはチームとしてうまくいかなかった。ピッチには11人の選手がいたが、メストがターゲットになる。彼が5失点の理由だっただろうか…」

 いずれにしても7シーズンぶりのCLベスト8が厳しくなったアーセナル。プレミアリーグでも苦しんでいるだけに、ファンが苛立つのは避けられないかもしれない。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

非難をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ