L・ダミアンの活躍を母国ブラジルメディアも報道。「フュージョン」も話題に

2月17日(日)14時33分 フットボールチャンネル

 16日に行われた富士ゼロックス・スーパーカップで、川崎フロンターレが浦和レッズを1-0で下して優勝を飾った。決勝点を記録したFWレアンドロ・ダミアンの活躍は母国ブラジルのメディアでも伝えられている。

 ブラジル国内の複数の名門クラブでプレーし、ブラジル代表としても17試合の出場経験を持つL・ダミアン。2012年のロンドン五輪得点王にも輝いた29歳のFWは今季から川崎Fに加入し、リーグ3連覇を目指す王者の新たな武器として期待されている。

 ゼロックス杯で先発デビューを飾ると、さっそくチームにタイトルをもたらす活躍をみせた。52分、エリア内に浮いたルーズボールに反応して強烈なシュートを叩き込み、その1点が川崎Fを勝利に導く決勝ゴールとなった。

 ブラジル『グローボエスポルチ』は「ブラジル人選手の活躍で日本のシーズンが幕開け」とゼロックス杯について報道。「レアンドロ・ダミアンのファインゴールで川崎フロンターレが勝利」と試合について伝えている。

『UOL』も同様に「レアンドロ・ダミアンがゴールでデビュー」と伝えつつ、得点後のパフォーマンスにも言及。FW小林悠とともに漫画・アニメ『ドラゴンボール』の「フュージョン」のポーズを見せたことも伝えた。

 L・ダミアン自身は試合後にツイッターでメッセージを投稿。「いつまでも記憶に残るであろう一日!」「今年一年、さらにタイトルを一緒に勝ち取れますように!」と日本語でコメントを述べている。これから開幕するリーグ戦やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもさらなる活躍が期待される。

フットボールチャンネル

「ブラジル」をもっと詳しく

「ブラジル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ