広島ジャクソンがフリー打撃登板 侍・鈴木に「ホームラン打たれずよかった」

2月17日(金)13時44分 フルカウント

昨年は37ホールドも日本シリーズで痛打許す、「また新しいゴールに向けて」

 広島のジェイ・ジャクソン投手が17日、フリー打撃に登板した。日本代表としてWBCに出場する鈴木誠也を相手に、コントロールにばらつきは見られたが、力のある球を投げ込み、安打性の当たりはほとんどなかった。ツーシーム、スライダー、チェンジアップの変化球に加えて、力のあるストレートで、詰まった当たりに、鈴木は手がしびれるような姿も見せた。

「新しい気持ちでキャンプに入って、初めてバッターを相手に投げたが、リフレッシュして投げられた」というジャクソンは、WBCを控えている鈴木を相手に「死球にならないように、それから打球が自分にも当たらないように気をつけて投げた。ホームランを打たれなくてよかったよ」と笑顔を見せた。

 昨季は67試合に登板し、リーグ2位の37ホールドを記録してチームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、日本シリーズでは最後に痛打を浴びた。それでも、「確かに最後はいい結果ではなかったが、昨年と気持ちは変わらないし、また新しいゴールに向けてやりたい」と話した。

 登板数過多による蓄積疲労も心配されているが、「自分のキャリアの中では、最も短いオフになったので、できるだけ体を休めることに努めた。そのおかげで、ストレートの勢いも戻っていると思う」と体調面では順調ぶりをアピールした。

「まだ課題もあるので、それを一つ一つクリアしていって、開幕に向けて体を整えていきたい」という右腕は、今年も「8回の男」としてフル回転が期待される

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

広島をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ