侍のヤクルト山田、初安打のち初マルチ&初タイムリー 井納から左前打

2月17日(金)15時32分 フルカウント

第2打席で実戦8打席目で初安打

 ヤクルト・山田哲人内野手が17日、練習試合・DeNA戦(浦添)で今季初マルチ&初タイムリーをマークした。

「1番・二塁」で先発。1点リードで迎えた3回先頭、DeNAの4年目左腕・砂田にカウント1-2と追い込まれながら中前へ。これで実戦3試合、8打席目に初安打をマーク。2番・比屋根の右前打で三塁まで進むと、4番・バレンティンの内野ゴロの間に2点目のホームを踏んだ。

 3-3で迎えた7回無死二塁では井納の変化球を引っ張り、レフト前へ。今季初の1試合2安打が勝ち越しの今季初タイムリーとなった。

 3月に開幕するWBCでも侍ジャパンの中心を担う背番号1。2年連続トリプルスリー男が、エンジンを加速させている。

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヤクルトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ