BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ソフトBドラ1田中が大転倒 大事に至らずブルペン内爆笑→無事に投球練習

フルカウント2月17日(金)13時4分
画像:ソフトBドラ1田中が大転倒 大事に至らずブルペン内爆笑→無事に投球練習
写真を拡大

転倒後は立ち上がり一礼で“謝罪”、ブルペンでは53球投じる

 ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手が“冷や汗”をかいた。

 あわや負傷のアクシデントは、ブルペン入り直前に起きた。室内練習場で行われた投内連携を終え、ピッチングのためにブルペンへ向かった右腕。ゴム製のマットが引かれた部分を外れ、コンクリート床に足を踏み入れた瞬間に、スパイクが滑り、大転倒した。

 すでに投球練習を行なっていた他の投手、そしてそれを見守ったコーチ陣から一斉に視線を浴び、苦笑い。ブルペン内が爆笑に包まれた。立ち上がったドラ1右腕は、一礼して“謝罪”。大事には至らず、そのまま投球練習を開始。カーブ、スライダー、カットボール、フォークを交えて、53球を投げ込んだ。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「田中正義」「ソフトバンク」「ドラフト」の関連トピックス

「ソフトBドラ1田中が大転倒 大事に至らずブルペン内爆笑→無事に投球練習」の関連ニュース

注目ニュース
前垂れが土俵につき「負け」…誤審で厳重注意 読売新聞3月26日(日)19時5分
千秋楽の取組で、三段目力士の前垂れ(まわし)が土俵につき、審判から物言いがついて負けとされる一番があった。しかし、勝負規定上は「締込の前の垂れが砂についても負けとならない」とされており、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)が当該審判団を厳重注意とした。勝負結果は覆らない。 [ 記事全文 ]
稀勢の里、涙の優勝インタビュー「千秋楽にあり得ない力が出た」 スポーツ報知3月26日(日)18時41分
◆大相撲春場所千秋楽▽優勝決定戦○稀勢の里(小手投げ)照ノ富士●▽本割○稀勢の里(突き落とし)照ノ富士●(26日・エディオンアリーナ大阪)…[ 記事全文 ]
鳴門ボートまた爆破予告で中止順延 爆弾見つからず 日刊スポーツ3月26日(日)16時15分
26日に予定されていた徳島県の鳴門ボート最終日は、爆破予告が入ったため、5R以降が中止になった。[ 記事全文 ]
稀勢の里、土俵際の強さに「力を出せたのは先代の教えのおかげ」 スポーツ報知3月26日(日)22時29分
大相撲春場所千秋楽で、新横綱優勝を飾った稀勢の里(30)=田子ノ浦=が26日、NHK総合「サンデースポーツ」(日曜・後9時50分)に生出演…[ 記事全文 ]
高安 兄弟子逆転Vに感涙「凄い」 スポーツニッポン3月26日(日)21時58分
稀勢の里の弟弟子で関脇・高安は支度部屋のテレビで優勝の瞬間を見届け、「凄いの一言です。本当に感動しました」と涙を流し、タオルで顔を覆った。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア