山田VS筒香! ヤクルト—DeNA戦スタメン、「ハマのセイヤ」は7番・左翼

2月17日(金)12時52分 フルカウント

侍主力が激突、ヤクルト期待の2年目・廣岡は8番・三塁

 ヤクルトとDeNAが17日、練習試合(浦添)を行う。ヤクルト・山田哲人内野手は「1番・二塁」、DeNA・筒香嘉智外野手は「4番・DH」で、侍ジャパンの主力がそろって出場する。

 また、DeNAでは13日の阪神戦(宜野座)で“プロ1号”を放ち、再び2軍から招集された「ハマのセイヤ」ことドラフト5位ルーキー・細川成也外野手が、ほぼベストメンバーの中で「7番左翼」でスタメン。一方、ヤクルトも昨年のDeNA・三浦大輔の引退試合でプロ初アーチを放った期待の2年目、廣岡大志内野手が「8番・三塁」で出場し、両軍の次代を担う若き逸材も名を連ねた。

 ヤクルトから加入したDeNA・田中浩康は「2番・二塁」で古巣と初対決。先発投手はヤクルトが石川雅規、DeNAが砂田毅樹となった。

 両チームのスタメンは以下の通り。

○DeNA

(中)桑原
(二)田中浩
(右)梶谷
(指)筒香
(一)ロペス
(三)シリアコ
(左)細川
(遊)倉本
(捕)嶺井

先発投手 砂田

○ヤクルト

(二)山田
(左)比屋根
(中)坂口
(右)バレンティン
(指)鵜久森
(遊)大引
(捕)中村
(三)廣岡
(一)荒木

先発投手 石川

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

山田哲人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ