「第3の左腕」へ課題 DeNA4年目砂田が4回3失点 石田、今永に続けるか

2月17日(金)14時50分 フルカウント

ヤクルト戦に先発、先頭の出塁を許した2イニングをともに失点

 DeNAの育成出身の4年目左腕、砂田毅樹投手が17日、練習試合・ヤクルト戦(浦添)に先発。味方の失策も絡み、4回5安打3失点と安定感に課題を残した。

 2回先頭の鵜久森にレフトへの二塁打を許すと、1死から中村に左中間二塁打を打たれて先制点を献上。続く3回も先頭の山田から連打を許して無死一、三塁のピンチを招くと、味方の失策と鵜久森のタイムリーで2点を追加された。

 4回は山田をスライダーで空振り三振に斬るなど見せ場を作ったが、失点した2イニングはともに先頭打者への出塁を許すなど、反省材料も残った。

 昨季は先発・中継ぎを両方こなし、クライマックスシリーズではリリーフとして好投を演じたが、今季は先発に再挑戦する。開幕ローテには石田、今永と若い左腕が決定的。2人に続く「第3の左腕」としてドラフト1位ルーキー・濱口(神奈川大)と争いながら、アピールを続けたい。

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DeNAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ