アストラMF瀬戸貴幸がELで劇的同点ゴール…ヘディング弾でチーム救う

2月17日(金)5時54分 サッカーキング

ヘンク戦で同点ゴールを挙げた瀬戸貴幸(中央)[写真]=Photonews via Getty Images

写真を拡大

 アストラ(ルーマニア)に所属するMF瀬戸貴幸が、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのヘンク(ベルギー)戦で、終了間際に同点ゴールを奪いチームを救った。

 先発出場した瀬戸は、1−2の1点ビハインドで迎えた90分にゴールを決めた。ペナルティエリア内左でキープしたダニエル・フローレアからのクロスを、ゴール前で相手DFの背後から飛び出し、頭で叩きつけてゴールネットを揺らした。終盤83分に失点を喫し、窮地に立たされた中での同点ゴールにより、アストラは2−2に追い付いてホームでの敗戦を免れた。

 瀬戸は2014年10月2日のグループステージ第2節ザルツブルク(オーストリア)戦で初得点を記録して以来、EL通算2ゴール目。今シーズンは公式戦32試合に出場し、2ゴール目となった。

 なお、セカンドレグは23日にヘンクのホームで行われる。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チームをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ