マンUのポグバ、ELでの“兄弟対決”実現に感激「不思議な感じがした」

2月17日(金)11時42分 サッカーキング

ELで“ポグバ兄弟対決”が実現した(左が兄・フロランタン、右が弟・ポール) [写真]=Man Utd via Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uは16日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのサンテティエンヌ戦で3−0と快勝。試合後、フランス代表MFポール・ポグバがインタビューに応じ、ギニア代表DFフロランタン・ポグバとの“兄弟対決”について語った。イギリス紙『デイリーミラー』がコメントを伝えている。

 同試合では、マンチェスター・Uに所属する弟・ポールとサンテティエンヌに所属する兄・フロランタンとの“ポグバ兄弟対決”が実現。両選手とも先発出場を果たした試合は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのハットトリックでマンチェスター・Uが3−0と完封勝利を収めた。

 試合後のインタビューに応じた弟・ポールは「不思議な感じがした。兄の姿を見た時、信じられないような気持ちがしたよ。彼は笑いかけてきて、その瞬間を楽しむことができたし、幸せだった」と、感慨深げに振り返った。

 また、「めったに起こるようなことではないから、大いに楽しむことができたよ。僕たちは複数のゴールを奪うことができたし、次の試合も楽になった。でも、まだ終わっていないので、サンテティエンヌで終わらせなければならないね」と続け、22日に行われるセカンドレグに目を向けた。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マンUをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ