ゼロックス杯に臨む鹿島と浦和が前日会見を実施…両者鮮やかなセカンドユニを着用へ

2月17日(金)19時1分 サッカーキング

新シーズン開幕を告げるゼロックス杯で、鹿島と浦和が対戦する

写真を拡大

「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」の前日記者会見が行われ、鹿島アントラーズの石井正忠監督、遠藤康、浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ監督、武藤雄樹が出席した。


 昨シーズン、J1リーグと天皇杯の2冠を達成した鹿島を率いる石井監督は、「この大会に鹿島は数多く出場することができていますが、5回優勝して同じ数だけ負けているので、今年はしっかりとクラブにタイトルを積み重ねたい」とタイトル獲得に意気込んだ。


 遠藤も「出場するだけではなく、全力で勝ちに行きます」と力強く断言。しかし、「結果的には鹿島が優勝しましたけど、本当のチャンピオンは年間勝ち点で1位だったレッズだと僕は思う」と語り、「チャレンジャーという気持ちで戦っていく」ことを明かした。


 浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、「鹿島という素晴らしいチームを相手に、素晴らしいゲームをして、このカップをクラブに持って帰りたい」と決意を述べ、「とにかく走り、激しく戦い、より攻撃的なサッカーを目指していく」と意気込みを語った。


 武藤は「ここから続くACL、Jリーグの戦いに向けて、流れに乗るためにも大事な一戦だと思っている。昨年は鹿島に悔しい思いをさせられているので、そのチームに勝つことで大きな自信となって、この1年戦っていける」とコメント。「鹿島は勝負強いチーム。集中を常に90分間保って、一瞬の隙も見せないような完璧なゲームを見せないと勝てないと思う」と鹿島を警戒した。


 なお、鹿島アントラーズはピンク、浦和レッズは黄色のセカンドユニフォームを着用し、この一戦に臨む。

 試合は日産スタジアムで13時35分にキックオフを迎え、日本テレビ系全国ネットにて生中継される。また、同日の10時20分からはU−18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜による親善試合「NEXT GENERATION MATCH」(35分ハーフ、延長・PK戦なし)が今年も開催されるほか、クラブマスコット大集合や全国のJクラブやそのホームタウンにゆかりのある人気グルメが楽しめる「FUJI XEROX グルメパーク」が登場。9時15分より東ゲート広場および西ゲート広場チケットボックスにて、当日券を販売する。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロックをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ