BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

反省は全き屈服の異名…オリックスオーナーの深い言葉

スポーツニッポン2月17日(金)9時8分
 【鈴木誠治の我田引用】プロ野球の春季キャンプが花盛りの中、2月12日に宮崎を訪れたオリックスの宮内義彦オーナー(81)の言葉が、紙面に載った。昨季、パ・リーグ最下位。20年も優勝から遠ざかっているチームに、温厚な印象のオーナーが厳しい言葉を投げかけた。

 「日本一になった日本ハムが順調なキャンプなら、もう1年、日本一になれる。ただ、我々が順調なら、また最下位。順調ではなく、目の色が変わってクレージーなキャンプになっています、というなら、ちゃんとやっていることになる」

 オーナー自らが「訓示じゃなくて説教」と言ったというグラウンド上での厳しい言葉に、選手は顔から血の気が引いたことだろう。前日には、福良淳一監督にも「とにかく勝て」と厳命したそうだから、野球好きで知られるオーナーの本気度がうかがえる。

 さて、「順調なら、また最下位」という言葉、鼓舞のための単純な言葉遊びとは違って、意外に深いなあと感じる。思い浮かんだのは、こんな文章だった。

 反省的言辞など一切吐いてはならぬ。反省は全き屈服の異名であり、自己批判は哀願でしかないからだ。

 小説家の高橋和巳氏が「日本の悪霊」の中で書いた一文だ。宮内オーナーの目には、チームの雰囲気が、昨季の反省をもとに順調にキャンプを消化しています、と写ったのだろう。大型補強した2015年は、優勝候補に挙げられながら5位。昨季はついに最下位。2004年の近鉄との合併後、一度も果たしていない優勝への思いが、クレージーという言葉になって表れたと思われる。

 高橋氏の小説の前段には、こうある。

 弁解がましく、ものを言い、自己を正当化しようとする。精神の堕落は挫折からははじまらない。挫折を自己正当化しようとすることからはじまる。

 わたしは、反省が大好きだった。反省しなければ進歩はない。そう思って、すぐに反省するのだが、どうも、反省する行為自体が進歩だと思ってしまい、その後の行動に結びつかない面があったと、今は思う。直木賞作家の向田邦子氏が、「手袋をさがす」というエッセーの中で、反省するのをやめた経緯を、わかりやすく書いている。

 反省したことで、罪業消滅したと錯覚して、そのことに何の罪悪感ももたず、一日もたてば反省したことすら忘れてしまって、また同じ過ちを繰り返していたのです。(略)私は毎日反省をしています、という自己満足だけが残るのではないか、と思ったからです。

 オリックスのキャンプは順調なのだろう。反省して満足はしていないだろうし、優勝という目標も飾りではないと思う。ただ、国内屈指の実業家のオーナーには、物足りなく見えたのかもしれない。理屈ではなく、クレージーに見えるほどの勝利への強い渇望が。

 反省や自己批判だけでなく、順調すらも、自己の正当化や自己満足になるなんて。人間が進歩するのは、簡単ではないなあ…。

 ◆鈴木 誠治(すずき・せいじ)1966年、浜松市生まれ。妻に「反省する暇があったら、行動しろ」と言われて猛省したが、ついつい反省し続けて50歳。

はてなブックマークに保存

スポーツニッポン

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「言葉」「オリックス」「キャンプ」「最下位」の関連トピックス

「反省は全き屈服の異名…オリックスオーナーの深い言葉」の関連ニュース

注目ニュース
福原愛、夫の誕生日に「愛してる!」とラブラブ投稿—中国メディア Record China2月25日(土)11時40分
日本女子卓球界の女王・福原愛選手が台湾地区の江宏傑選手と結婚してからというもの、この美男美女カップルの一挙一動に、ファンは目が離せない。[ 記事全文 ]
フランクフルト指揮官、長谷部のPK失敗に「外れることだってある」 サッカーキング2月25日(土)7時18分
フランクフルトのニコ・コヴァチ監督は、18日に行われたブンデスリーガ第21節のインゴルシュタット戦で日本代表MF長谷部誠が失敗したPKにつ…[ 記事全文 ]
松坂大輔、今季初実戦は2回1失点 初回は上々の内容も2回に乱れる フルカウント2月25日(土)13時19分
B組巨人戦に登板、2回1安打3四球1失点ソフトバンクの松坂大輔投手が、今季初の実戦マウンドに上がった。[ 記事全文 ]
侍にアクシデント 内川が相手選手と一塁上で激しく交錯、右肩押さえて交代 フルカウント2月25日(土)15時37分
一塁守備で交錯し倒れ込む、トレーナーに付き添われてベンチへ3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を…[ 記事全文 ]
横浜、ロスタイムの前田弾で浦和に劇的勝利 日刊スポーツ2月25日(土)14時51分
<明治安田生命J1:横浜3−2浦和>◇第1節◇25日◇日産ス横浜F・マリノスがシーソーゲームを制し、好スタートを切った。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 石川佳純が安定の地味姿を披露、ファンの本心は「高梨沙羅にならないで」!?アサ芸プラス2月23日(木)5時59分
2 田中将大、順調な調整 同僚も称賛「スプリットは本当にえげつない」フルカウント2月24日(金)14時50分
3 福原愛、夫の誕生日に「愛してる!」とラブラブ投稿—中国メディアRecord China2月25日(土)11時40分
4 フィギュア宇野はSP2位、カーリング銀=スキー距離リレー男女金—冬季アジア大会時事通信2月24日(金)21時19分
5 高梨沙羅は銅!世界選手権初Vならず…伊藤有希が銀日刊スポーツ2月25日(土)2時1分
6 ミラン本田、アメリカ移籍合意目前? MLSシアトル加入と伊メディアサッカーキング2月24日(金)17時17分
7 フィギュア4大陸選手権、羽生2位に中国のファンから疑問の声もRecord China2月20日(月)18時0分
8 松坂大輔、今季初実戦は2回1失点 初回は上々の内容も2回に乱れるフルカウント2月25日(土)13時19分
9 沙羅3位 世界選手権初Vならず「またやってしまった」伊藤が2位スポーツニッポン2月25日(土)2時8分
10 「夢は死んだ」…レスター解任のラニエリ「成し遂げたものを奪うことはできない」サッカーキング2月25日(土)7時21分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア