【第1回F1バルセロナテスト3日目・タイム結果】メルセデスが他を1.3秒引き離して首位。ホンダ勢は4人で290周走りデータ収集

2月22日(土)6時42分 AUTOSPORT web

 2020年F1プレシーズンテスト3日目最終日、ドライコンディションのスペイン・バルセロナで、10チーム16人のドライバーがニューマシンでの走行を行った。トップタイムをマークしたのはメルセデスのバルテリ・ボッタスだった。


 2月21日、ボッタスは最もソフトなC5タイヤで1分15秒732を記録。これは2019年に自身がスペインGPで記録したコースレコードとなるポールポジションタイムからわずか0.3秒落ちであり、この日2番手の僚友ルイス・ハミルトンより0.784秒、3番手ルノーのエステバン・オコンがC4タイヤで出したタイムより1.370秒速いタイムだった。

2020年F1第1回バルセロナテスト3日目 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
バルテリ・ボッタス(メルセデス)


 この日はフェラーリのセバスチャン・ベッテル、ウイリアムズのニコラス・ラティフィ、ハースのケビン・マグヌッセン、ルノーのダニエル・リカルドがコース上でストップ、4回の赤旗が出た。ベッテルはパワーユニットトラブルに見舞われ、交換のため走行時間をロスしている。

2020年F1第1回バルセロナテスト3日目 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)


 レッドブル・ホンダで午前に走ったマックス・フェルスタッペンはハード寄りのC2タイヤで8番手、午後を担当したアレクサンダー・アルボンもC2タイヤで10番手だった。ふたりは合計169周を走り、チーム別周回数ではルノーに並ぶ最多を記録し、順調にデータを収集した。


 アルファタウリ・ホンダは、午前のクビアトがC4タイヤで5番手、午後のガスリーがC4タイヤで9番手と、3日間連続でトップ5に入った。ふたりは121周を走行、ホンダ勢はこの日、290周を走ったことになる。

2020年F1第1回バルセロナテスト3日目 ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)


 第1回テストはこの日で終了、第2回テストは26日から28日に開催される。


■2020年第1回F1バルセロナテスト3日目タイム結果(2月21日)



























































































































PosDriverTeamTime(tyre)Laps
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’15.732(C5)65
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’16.516(C5)73
3エステバン・オコンルノー1’17.102(C4)76
4ランス・ストロールレーシングポイント1’17.338(C4)116
5ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ1’17.427(C4)62
6アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1’17.469(C5)152
7ダニエル・リカルドルノー1’17.574(C4)93
8マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’17.636(C2)86
9ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1’17.783(C4)59
10アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1’18.154(C2)83
11カルロス・サインツJr.マクラーレン1’18.273(C2)76
12ロマン・グロージャンハース1’18.380(C3)48
13セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’18.384(C3)100
14ランド・ノリスマクラーレン1’18.454(C3)49
15ニコラス・ラティフィウイリアムズ1’19.004(C3)72
16ケビン・マグヌッセンハース1’19.709(C2)4


※ピレリ発表のデータ

※C1が最もハード、C5が最もソフトなコンパウンド


AUTOSPORT web

「バルセロナ」をもっと詳しく

「バルセロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ