サガン鳥栖MF松岡大起、副主将就任で芽生えた責任感。「誰よりも声を出す」

2月24日(水)19時0分 フットボールチャンネル

 2021シーズンのJリーグ開幕直前オンライン記者会見が24日に行われた。サガン鳥栖に所属するMF松岡大起が会見に臨み、開幕戦への意気込みなどを語った。

 鳥栖は開幕戦で湘南ベルマーレと対戦する。昨季は新型コロナウイルス陽性者が出るなどで日程が変更になったりと難しいシーズンとなった。本来なら入れ替え戦圏内だった16位よりも上の順位だったが、今季は上位入りを狙いたいところ。

 会見に臨んだ松岡は開幕戦に向けて「昨季は中々自分たちのゲームをしてても、勝てないという時期があったり、順位としてもチームの目標としている順位に届いてなかったというところもそうですし、もっともっと上を目指すために自分たちはキャンプから、日々の練習から積み上げてやってきたので本当に開幕戦はすごい大事になると思うので、そこに向けてしっかり勝つための準備はしてきました」と意気込みを語った。

 今季副主将に就任した松岡は「今季は副主将をやらせていただいていて、チームとしてしっかり一人一人が声をかけるというところはチームとして意識してやっていて、その中で自分は誰よりも声を出さないといけないと思ってますし、それが自分の中の特徴でもあると思うので、そこはしっかりやりながらもチームが勝つために、チームがしっかりまわるために自分ができることは最大限やっていこうと思ってます」とコメントしている。

 今季は副主将として迎える松岡。チームをしっかり支え、上位進出を目指す。

フットボールチャンネル

「サガン鳥栖」をもっと詳しく

「サガン鳥栖」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ