神戸もDFダンクレー加入を正式発表「自らの全てを捧げる覚悟で」

2月25日(月)17時30分 サッカーキング

神戸がダンクレーの加入を発表した [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ヴィッセル神戸は25日、ヴィトーリア・セトゥバウFC(プリメイラ・リーガ/ポルトガル1部リーグ)からDFダンクレーを完全移籍で獲得したことを発表した。同選手については、ヴィトーリアが15日に完全移籍を発表していた。なお、背番号は「33」を着用することが決まっている。

 加入に際し、同選手は神戸のクラブ公式HPで以下のようにコメントを発表している。

「偉大なクラブ、ヴィッセル神戸に心より感謝いたします。ヴィッセル神戸は大きなプロジェクトを成功させたいという目標を掲げております。クラブに関わる一人一人が、目標を達成するために、強い決意を持って力を合わせ実現に歩みを進めています。私も同じ想いを抱いております。自らの全てを捧げる覚悟を決め神戸へ行くことを決意いたしました」

「日々のトレーニングから試合において、常に努力を惜しまず、ベストを尽くす事を誓います。神戸の存在、神戸の一員である事の誇りを示し続けて参ります」

 ダンクレーは1992年1月生まれの現在27歳。母国のECヴィトーリアやボタフォゴを経て、2016年にポルトガルのエストリルへ完全移籍。その後はランスへの期限付き移籍を経験し、2018年からヴィトーリアでプレーしていた。

 神戸は22日に行われた明治安田生命J1リーグ開幕戦でセレッソ大阪と対戦し、0−1で敗れていた。次節は3月2日に行われ、サガン鳥栖をホームに迎える。

サッカーキング

「ヴィッセル神戸」をもっと詳しく

「ヴィッセル神戸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ