顔面崩壊の女子プロ凄惨マッチ なぜ「制御不能」に陥ったか

2月25日(水)16時0分 NEWSポストセブン

安川惡斗(左)と世IV虎(映画「がむしゃら」より)

写真を拡大

 女子プロレスが世間を騒がせている。22日、後楽園ホールでの女子プロレス団体スターダム主催興業のメーンイベントで、王者の世IV虎(よしこ)が挑戦者の安川惡斗の顔を変形させるほど殴り続け、病院送りにしたからだ。


『1964年のジャイアント馬場』や『1993年の女子プロレス』などの著作がある作家の柳澤健さんは、この試合のニュースに接し「全女(=全日本女子プロレス)という亡霊がまだ生きていたのかと衝撃を受けました」という。


「リング上でプロレスラーが見せているものは、演技であると同時に自分自身でもあります。なかでも女子レスラーは良くも悪くも、仕事と割り切れないところがある。プロレスラーとして演じるキャラクターにのめり込み、リアルな感情と一体になりやすいんです。


 一体化するほど魅力的なレスラーになりますが、同時に本来の自分を見失い、リング上のキャラクターから戻れなくなる怖い面も持っています。かつて全女はレスラーの感情のもつれ、嫉妬や憎しみを積極的に試合に反映させていました。女の子の感情を動かすことによって客を動かすという発想だったんです。


 たとえば、売り出し中の若手に嫉妬したベテランが制裁を加え大ケガをさせたことは何度かありました。それを見て、お客さんは人間関係を想像した。でも、2005年に団体が消滅すると危険すぎる試合はなくなっていたんです」


 ところが、まるで全女の亡霊がよみがえったかのような試合が行われてしまった。こぶしで顔面を殴り続け、セコンドがタオルを投入れようやく試合が止まった。なぜ、それほど感情をたかぶらせてしまったのか。


 安川惡斗は安川結花の名で女優活動もする女子プロレスラーだ。ヒール(悪役)だが美女レスラーとして知られ、病気やケガによる欠場も多いがタイトル戦など華やかな場所に立つことが多い。


 一方の世IV虎は元ヤンキーでニックネームは女番長。運動能力が高く、女子プロレスの将来を担うと期待されている。3月28日に公開されるドキュメンタリー映画『がむしゃら』のなかで、映画の主人公である安川について問われた世IV虎はカメラに向かって乗り出すように「キライです」と宣言し敵意を隠さない。


「安川は病気やけがで長く欠場していたのに、復帰したとたんにチャンピオンベルトに挑戦させてもらえる。今回だって、昨年の試合をほとんど欠場していたのに、いきなりワールド・オブ・スターダム王座チャンピオンである世IV虎に挑戦です。主演映画の公開が近い安川が露骨にひいきされて面白くないと思っているのに、態度が生意気すぎると受け取られたのでしょう。


 世渡り上手な選手ならば、周囲に配慮をする。世IV虎にしても、安川といい試合をしてスターダムを盛り上げる方が得をする。でも、二人ともつくられたショウを演じることはできなかった。


 生の感情が出てしまうヒリヒリした雰囲気は観客にとって魅力的でもある。限度を超えないようレスラーは教育を受けていますが、怖いことが起きる可能性はゼロにはなりません」(前出・柳澤さん)


 安川惡斗と世IV虎の試合とその反響を受け、様々な人が発言している。


 試合の当事者だけでなく、1987年のジャッキー佐藤と神取忍の試合を目の前で見た元JWP代表の山本雅俊、センダイガールズプロレスリング代表の里村明衣子、新日本プロレスの棚橋弘至などが。


 安川自身がブログで闘争心を失っていないと表明したこともあり、今回の出来事を、いまの観客に喜ばれるプロレスの実現へ結び付けたいという願いがどの発言からも読み取れる。


「タイトルマッチを決めた時点から主催者は、世IV虎と安川の間で感情が高ぶり、素晴らしいプロレスの試合が実現すると期待していたのでしょう。ところが、その感情の高ぶりが行き過ぎてしまった。ジャガー横田さんが『リング上では何をやってもいい。でも、次の日もリングに立てるようにしなくちゃいけない』と言うように、どれほど感情的になろうとも、大きな事故を起こすようなことをさせてはいけません。


 いまは、女子プロレスラーに怪物性が求められなくなりました。東京ドームで大会をやった時代、1990年代のブル中野やアジャ・コング、北斗晶の全盛期には怪物のように頑丈な女子プロレスが求められました。でもいまは、普通の女の子が苦闘する姿がプロレス会場でも求められています」(前出・柳澤さん)


 健気に頑張るその姿は、見ているものを応援し続けたい気持ちにさせる。そこに感情豊かな表現が加われば、観客は彼女たちのつくりだす世界のとりこになる。これは、どこかで見聞きした光景ではないか? 


 総選挙のときに過呼吸を起こすほどのめり込むAKBのメンバーや、スタッフが繰り出す無茶ぶりに振り回されつつ課題を成し遂げる、ももいろクローバーZの様子だ。


「秋元康さんは1980年代にジャパン女子プロレスという団体の立ち上げに関わり、アイドルレスラーとして大人気となったキューティー鈴木のデビューに関わっています。そのとき女子プロレスから学んだことを、現在のAKB関連の仕掛けにも生かしていると言われています」(前出・柳澤さん)


 現実と虚構があいまいな空間で繰り広げられる女子プロレスの世界は、アイドルを見慣れた私たちにとって意外に親しみある存在なのかもしれない。

NEWSポストセブン

「プロレス」をもっと詳しく

「プロレス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ