5日間延期の分割テストは無事に開催。地元TCR初代王者のブラウンが最速/豪州SC

2月26日(金)12時41分 AUTOSPORT web

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策として5日間の緊急ロックダウンを実施した地元州政府の方針に従い、開幕前合同テストを延期していたRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップは、移動制限明けの2月19日にウイントンでのテストを無事に実施。この2021年にErebus Motorsport(エレバス・モータースポーツ)からトップカテゴリー昇格を果たす、初代TCRオーストラリア王者のウィル・ブラウン(ホールデン・コモドアZB)がトップタイムを記録した。


 そのエレバスは、ブラウンとブロディ・コステッキの21年仕様マシンをお披露目したほか、Brad Jones Racing(ブラッド・ジョーンズ・レーシング/BJR)もメインパートナーにコカ・コーラ社を迎えるなど、今季の体制を確定させている。


 この週末に迫った聖地バサーストでの2021年開幕戦を前に、COVID-19対策として2月12日にクイーンズランド、16日からウイントンと2カ所に分割しての合同テストを予定していたRSCは、移動制限に加えて5日間の緊急ロックダウンが発令された影響で、クイーンズランドではからくも8時間半の走行枠を無事に終える一方、ウイントンでのテストは19日に延期される事態となっていた。


 州境封鎖も伴った5日間の移動制限が明け、19日のビクトリア州ウイントンにはエレバスを筆頭に、Walkinshaw Andretti United(ウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド/WAU)やTeam 18(チーム・エイティーン)、BJRなどのプライベーター・ホールデン陣営に加えて、Tickford Racing(ティックフォード・レーシング)とKelly Grove Racing(ケリー・グローブ・レーシング)のフォード陣営も集結し、各車精力的に周回を重ねた。


 その1日で最速タイムを叩き出したブラウンは、2019年にヒュンダイi30 N TCRで初代TCRオーストラリアのドライバーズタイトルを獲得すると、2020年はエレバスの配下でSuper2シリーズに参戦。今季より晴れてスーパーカーの舞台にステップアップすることが決まった。


 ブラウンが記録した1分19秒5089のタイムよりコンマ5秒ほど遅れた2番手には、同じくホールデンのWAUで2年目を迎えるチャズ・モスタートが続き、セッション開始時にタイムボード最上位に立っていたデビッド・レイノルズが、フォード勢最上位の3番手で移籍後初の公式セッションを終えている。


 その背後にはチーム18のスコット・パイ(ホールデン・コモドアZB)、エレバスのコステッキと続き、6番手にこの日最多の135周を走破したキャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)が続く結果となった。

開幕前合同テストを延期していたRSCは、移動制限明けの2月19日にウイントンでのテストを無事に実施。ビクトリア州に拠点を置くチームが集結した
その19日は、初代TCRオーストラリア王者のウィル・ブラウン(ホールデン・コモドアZB)がトップタイムを記録している
この日最多の135周を走破したキャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)は6番手、背後のチャズ・モスタート(ホールデン・コモドアZB/WAU)は2番手に入った
工業製品とケミカル剤ブランドとして知られる“WD-40”のカラーリングで、開幕戦のマウントパノラマに挑むことが決まったブラウンの9号車


■「エレバスWD-40のマシンがグリッドの前方で目立てることを願っている」とブラウン


 このテストが終了した翌週には、エレバスが2021年仕様のブラウン9号車、コステッキ99号車の新カラーリングを公開し、9号車は“ローリング・スポンサーシップ・プログラム”を導入するとアナウンス。一方の99号車は、地元通信企業のBoost Mobile(ブーストモバイル)が新パートナーに就任することを明らかにした。


 昨季限りで元エースのレイノルズがケリー・グローブ・レーシングに移籍した影響で、これまでチームの主要パートナーであり続けたオイルブランド“PENRITE(ペンライト)”を失ったエレバスは、その後継者として挑むブラウンの9号車に新たな施策を用意した。


 工業製品とケミカル剤ブランドとして知られる“WD-40”のカラーリングで、開幕戦のマウントパノラマに挑むことが決まったブラウンは「マシンの外観にはとても満足しているし、シーズンの強力なスタートを後押ししてくれると期待している」と、意気込みを語った。


「バサーストでのオープニングラウンドで、このWD-40のカラーで戦えることにとてもワクワクしている。彼らはとても象徴的なブランドであり、長い間モータースポーツに関与し続けてきたからね」と笑顔を見せたブラウン。


「そのカラーが僕のマシンに採用されているのは本当に素晴らしいことだし、開幕戦でマウントパノラマを走る日を心から楽しみにしている。このエレバスWD-40のマシンがグリッドの前方で目立てることを願っているよ」


 一方、ブラウンと同じく2020年はSuper2に参戦し、2勝を挙げてランキング8位を記録したコステッキは、長年のパーソナルスポンサーであるブースト・モバイルとの関係継続を歓迎するコメントを残した。


「ブーストを何年も代表してきたことを誇りに思っているけど、彼らのロゴが僕の99号車ホールデンのマシン全体に描かれているのを目にできて、本当に格別な気分だ」とコステッキ。


 また、レギュラー陣にマコーレー・ジョーンズとニック・パーキャットを起用するBJRは、ジョーンズの96号車にコカ・コーラの世界的に有名なロゴを採用した新リバリーを披露すると同時に、耐久カップ登録ドライバーにクリス・ピサーを起用すると発表。同じくパーキャットのコドライバーには、37歳のデイル・ウッドを迎えるとアナウンスしている。

エレバス・モータースポーツ、ブロディ・コステッキの99号車はパーソナルのBoost Mobileカラーを採用した

ブラッド・ジョーンズ・レーシング(BJR)は、メインパートナーにコカ・コーラ社を迎えた
BJRは、ニック・パーキャット(右)の耐久カップ登録ドライバーに37歳のデイル・ウッドを起用する
すでに聖地バサーストでの2021年開幕戦には全チーム、全ドライバーが集結。週末2ヒートのスーパースプリント戦で争われる

AUTOSPORT web

「テスト」をもっと詳しく

「テスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ