「失望している」…EL敗退もナポリDFクリバリはリーグ戦に集中「もう言い訳はできない」

2月26日(金)12時34分 サッカーキング

試合を振り返ったクリバリ(写真はアタランタ戦) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリがグラナダ戦後にコメントした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ナポリはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグでグラナダと対戦。0−2のビハインドをホームで盛り返そうとしたナポリはわずか3分で先制。幸先よく試合をスタートさせたがアンヘル・モントロにゴールを許した。ファビアン・ルイスのゴールでセカンドレグは2−1と勝利したものの、2戦合計で3−2と一歩及ばず姿を消した。

 ナポリはコッパ・イタリアでも準決勝で敗れたための残るコンペティションはリーグ戦のみ。クリバリは残る試合に向けて切り替え前を向いた。

「僕たちはもっと多くのことができたはずだし、失望している。ファーストレグの2−0での敗北の後は難しくなった。今日の同点を許した瞬間に私たちは自身を打ち砕かれてしまった。だが僕たちは最後まで戦ったよ。僕たちはこの大会で前に進みたいと思っていたし、今日の敗退は痛々しいものだった。グラナダはボールの後ろで全員が構えていたね」

「もう言い訳はできない。我々の目標はチャンピオンズリーグに戻ることであり、トップ4に入るためには何でもしなければならない。それは非常に重要なことだ。何としてでもトップ4に到達しなければならない」

サッカーキング

「グラナダ」をもっと詳しく

「グラナダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ