【第2回F1テスト1日目・タイム結果】アルファロメオのクビサが最速。フェルスタッペン、コース上でストップも2番手

2月27日(木)6時39分 AUTOSPORT web

 2020年F1プレシーズンテスト2回目が2月26日にスタートした。ドライコンディションの下、全10チームの19人のドライバーがスペイン・バルセロナで周回を重ねた。


 ケビン・マグヌッセンとアントニオ・ジョビナッツィを除くレースドライバー18人とアルファロメオのリザーブドライバーであるロバート・クビサがニューマシンで走行した。この日の最速タイムを出したのはアルファロメオの午前セッションを担当したクビサで、最もソフト寄りのC5タイヤで1分16秒942をマーク、この日唯一16秒台に入った。

2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ロバート・クビサ(アルファロメオ)
2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ロバート・クビサ(アルファロメオ)


 この日は3回赤旗による中断があった。午前中にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがスピン、ウイリアムズのニコラス・ラティフィがトラブルでストップ。午後のセッション終了間際には、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがスピンしてマシンをとめ、ほぼ同時にアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトもコース脇にストップ、これによりこの日のセッションは赤旗のまま終了となった。


 午前中、レッドブルにはサスペンショントラブル、アルファタウリにはパイプの緩みが見つかり、それぞれ長時間にわたって修理にあたることになり、走行時間をロスした。しかし、フェルスタッペンはC3タイヤで2番手、クビアトはC3タイヤで4番手、アルファタウリのピエール・ガスリーはC4タイヤで5番手、レッドブルのアレクサンダー・アルボンはC2タイヤで6番手と、タイムシート上では好位置につけている。


 ホンダは、パワーユニット(PU/エンジン)面では一日を通して大きな問題はなく、スムーズなセッションだったとコメントしている。

2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)


■2020年第2回F1バルセロナテスト1日目タイム結果(2月26日)
















































































































































PosDriverTeamTime(tyre)Laps
1ロバート・クビサアルファロメオ1’16.942(C5)53
2マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’17.347(C3)84
3セルジオ・ペレスレーシングポイント1’17.428(C3)84
4ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ1’17.456(C3)61
5ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1’17.540(C4)25
6アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1’17.550(C2)29
7ルイス・ハミルトンメルセデス1’17.562(C2)89
8ランス・ストロールレーシングポイント1’17.787(C3)43
9バルテリ・ボッタスメルセデス1’18.100(C3)90
10セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’18.113(C3)84
11ダニエル・リカルドルノー1’18.214(C2)53
12カルロス・サインツJr.マクラーレン1’18.221(C3)46
13シャルル・ルクレールフェラーリ1’18.244(C3)80
14ニコラス・ラティフィウイリアムズ1’18.300(C4)48
15ジョージ・ラッセルウイリアムズ1’18.535(C3)59
16ロマン・グロージャンハース1’18.670(C3)107
17ランド・ノリスマクラーレン1’18.826(C2)57
18キミ・ライコネンアルファロメオ1’19.515(C3)51
19エステバン・オコンルノー1’21.542(C2)74


※ピレリ発表のデータ

※C1が最もハード、C5が最もソフトなコンパウンド


AUTOSPORT web

「アルファロメオ」をもっと詳しく

「アルファロメオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ