ウー・レイ、エスパニョールで移籍後初ゴール! 中国人選手の得点はリーガ史上初

3月2日(土)22時30分 フットボールチャンネル

 現地時間2日にリーガエスパニョーラ第26節の試合が行われ、エスパニョールはホームにバジャドリーを迎えて対戦。

 エスパニョールに所属する中国代表FWウー・レイは、この日も先発出場を果たしている。試合開始して18秒、DF裏に飛び出したエスパニョールのボルハ・イグレシアスがループシュートを放ち先制点を決めた。

 幸先よくリードを奪ったエスパニョールだったが、17分にバジャドリーのルーベン・アルカラスがゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。前半アディショナルタイムには、エスパニョールのルイス・ロペスがペナルティーエリア内でバジャドリーのセルジ・グアルディオラを倒してしまい相手にPKを献上。しかし、グアルディオラのPKをエスパニョールのGKディエゴ・ロペスがセーブして失点を免れる。

 すると55分、クロスボールにマリオ・エルモソが合わせてエスパニョールに追加点が入った。さらに65分、縦パスを受けたウー・レイが冷静にシュートを放ち、移籍後初ゴールを決めている。中国人選手の得点はリーガエスパニョーラ史上初だ。

フットボールチャンネル

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ