ビジャの移籍後初ゴールが決勝点! 神戸が鳥栖を下して今季初白星

3月2日(土)16時53分 サッカーキング

決勝ゴールを挙げたビジャ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2019明治安田生命J1リーグ第2節が2日に行われ、ヴィッセル神戸が1−0でサガン鳥栖を下した。

 神戸は前半から試合の主導権を握ると、34分にはペナルティエリア内に抜け出したダビド・ビジャが強烈なシュートを放ったが、クロスバーに嫌われた。それでも54分にビジャがGKとの一対一を制して先制ゴールをマーク。これが決勝点となり、神戸が1−0で勝利を収めた。

 次節、神戸は10日にベガルタ仙台と、鳥栖は同日にFC東京と、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1−0 サガン鳥栖

【得点者】
1−0 54分 ダビド・ビジャ(神戸)

【スターティングメンバー】
神戸(4−2−3−1)
キム・スンギュ;西大伍、ダンクレー、大﨑玲央、初瀬亮;三田啓貴、山口蛍;ポドルスキ、イニエスタ、古橋亨梧;ビジャ

鳥栖(4−4−1−1)
大久保択生;藤田優人(79分 樋口雄太)、高橋祐治、ガロヴィッチ(46分 谷口博之)、ブルシッチ;原輝綺、高橋秀人(85分 趙東建)、高橋義希、金崎夢生;松岡大起;トーレス

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ