【MLB】野茂英雄氏は「伝説的な酒豪」!? 元同僚が米メディアに証言「ビールを35杯…」

3月3日(日)7時10分 フルカウント

日本人メジャーリーガーの“パイオニア”の酒豪ぶりに「未だに信じられない…」

 日本人メジャーリーガーの“パイオニア”として数々の偉業を達成してきた野茂英雄氏。2度のノーヒットノーランなど、現役時代に伝説的な活躍を見せたが、米メディアがその“酒豪”ぶりにスポットライトを当てている。ボストンのテレビ局「NESN」が「ウェイド・ボッグスは元レッドソックスの唯一の酒豪ではない」とのタイトルで特集を組み、野茂氏のかつての同僚が明かした驚愕のエピソードを紹介している。

 記事ではまず、メジャー通算3010安打を誇り、2005年に米国野球殿堂入りしたウェイド・ボックス氏の“酒豪伝説”を紹介。「現役時代にボストンからロサンゼルスへの飛行機の中でビールを約64杯飲んだと言われている」と衝撃的な“秘話”を記している。そして、「しかし、殿堂入りのボッグスはどうやら飛行機の中でお酒を飲みまくる唯一の元レッドソックスの選手ではないようである」と言及。野茂氏の名前が登場する。

「元MLB捕手のポール・ロデューカを信じるのなら、2001年にボストンで1シーズン過ごしたヒデオ・ノモも飛行機の中でザルだった」

 ロデューカ氏は1998年から2004年途中までドジャースでプレー。1995年から1998年途中、2002年から2004年とドジャースに所属していた野茂氏と同僚だった。その当時を振り返り、野茂氏が「伝説的な酒豪」だったと証言したというのだ。

「NESN」が記事で紹介しているのは、「フェイバリッツ・ポッドキャスト」のツイッター。その中で、司会者から「ヒデオ・ノモの良い話はありますか?」と振られたロデューカ氏は「ヒデオ・ノモは伝説的な酒豪だった。ロサンゼルスからフィラデルフィアへの飛行機の中で、彼はトレーナーにどれだけビールを飲めるか勝負を挑んだんだ。約18杯目でトレーナーは酔いつぶれた。ノモは飲み続けた。約35杯飲んだ後でも自分で歩いて飛行機を降りたんだ。未だに信じられないよ」と答えている。

 さらに、ロデューカ氏は「フィラデルフィアに到着し、次の日は休みだったから、僕たちはランチに行く予定だった。次の日の朝8時半にノモが僕に電話をかけてきて、『どこにいる? 僕たちは下で待っているよ』と言った。『一体どうしてこんな時間に起きられるんだ?』と思ったよ」と後日談も紹介。そして、「僕の人生で最も好きなチームメートの1人だね」と野茂氏を“絶賛”している。

「トルネード投法」で旋風を巻き起こし、ストライキ明けのメジャーリーグの救世主にもなった野茂氏。グラウンド外でも「伝説」を残していた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「酒豪」をもっと詳しく

「酒豪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ