日本ハム清宮、右手首痛め途中交代 「病院に行ってみてという感じです」

3月3日(日)17時51分 フルカウント

今後、病院で検査を受け4日にも結果が判明する見込み

■日本ハム 0-0 DeNA(オープン戦・3日・札幌ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が3日、DeNAとのオープン戦で右手首を痛めて途中交代した。

「5番・一塁」で先発出場した清宮は9回1死走者なしの第4打席、DeNA・三嶋のボールを1球見送った後の2球目、外角低めの変化球をスイングした際に顔をしかめた。一度は打席に戻ったものの、ベンチから飛び出したトレーナーに付き添われて退いた。

 試合後にロッカールームから出てきた清宮は状態について「病院に行ってみてという感じですね」と多くを語らず、球場を後にした。今後、病院で検査を受け、4日にも結果が判明する見込み。

 2日のDeNA戦では右翼席中段に特大のオープン戦1号を叩き込んだ清宮はこの日も3打数1安打を放ち、一塁の守備でも好守を連発していた。プロ入り後初めて侍ジャパンに初選出され、9、10日にはメキシコとの強化試合(京セラ)を控えている。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

フルカウント

「清宮幸太郎」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「清宮幸太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ