ドロー決着もエスナイデル監督は手応えを示す「間違った道に進んでいないことを証明できた」

3月4日(土)17時53分 サッカーキング

千葉を率いるエスナイデル監督 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

写真を拡大

 明治安田生命J2リーグ第2節が4日に行われ、ジェフユナイテッド千葉とモンテディオ山形が対戦した。

 試合はアウェーの山形が先制したが、千葉は船山貴之のPKで追いつき、1−1でタイムアップ。両チーム勝ち点1を分け合った。

 試合後、千葉を率いるフアン・エスナイデル監督は、以下のようにコメントしている。

「今日の試合内容に対して、結果はもう少しいいものであってほしいと思いました。決定機を得点に結びつけることができなかったので、こういう結果になったのだと思います。ただ、チームはいい動きをしましたし、いいチャンスを作ることができたので、僕らは間違った道に進んでいないことを証明することができました。もちろん、勝利をファン・サポーターに捧げなかったことは残念ですが、チームはいいところばかりを見せてくれて文句の付け所がないです。僕は本当にこのチームを指導することができて名誉に思っています」

 次節、千葉はホームで名古屋グランパスと対戦する。

サッカーキング

「明治安田生命」をもっと詳しく

「明治安田生命」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ