アーセナルが大連一方MFカラスコ獲得を希望…高額な年俸がネックに

3月4日(月)15時50分 サッカーキング

大連一方でプレーするカラスコ [写真]=VCG/VCG via Getty Images

写真を拡大

 アーセナルが、今夏の移籍市場で大連一方(中国)に所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコの獲得に動くようだ。イギリス紙『エクスプレス』が3月3日付で報じている。

 アーセナルは、今年1月の移籍市場でもカラスコの獲得に動いていた。同紙によると、移籍期間最終日にレンタルでのオファーを出したものの、レンタル料で合意できず、破談になっていたという。ただ、カラスコ自身がヨーロッパへの復帰を模索していることから、アーセナルは再び獲得を目指すとのことだ。

 カラスコにはインテルとミランも興味を示しており、争奪戦が展開されると見られている。しかし、カラスコが大連一方で受け取っている年俸880万ポンド(約13億円)がアーセナルにとってネックになるとのことで、同クラブは選手サイドに減額をのんでもらう必要がありそうだ。

 カラスコは、2018年2月にアトレティコ・マドリードから大連一方に完全移籍した。およそ1年半で、ヨーロッパへ復帰することになるのだろうか。

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ