ホークス工藤監督、ふくらはぎ筋膜炎の内川は「そんなに心配はしていない」

3月5日(月)14時33分 フルカウント

和田は横浜で左肩検査も「予定通りの検査です」

 ソフトバンクの内川聖一内野手が病院の検査で左ふくらはぎの軽度の筋膜炎と診断されたことを受け、工藤公康監督は「そんなに心配はしていないし信頼している」と語った。

 オープン戦2試合を欠場し、5日の全体練習にも参加しなかった内川について、指揮官は自らの指示で病院に行かせたことを明かした。

「張りがあるということで2試合休ませたが、もし何かあったらと思って病院に行かせた。軽度ということなので、本人にはまずはしっかり治そうと話した。そんなに心配はしていないし、(開幕までの調整は)信頼している」

 また、この日横浜市内の病院で左肩の検査を受けている和田毅についても振れ「キャンプ中に診てもらった先生にもう一度状態を把握してもらおうというもの。投げられないわけではないし、予定通りの検査です」と語った。

 ケガ人続出の状態の中、「大きなことになる前に」打てる手は打つ。侍ジャパンの強化試合に出た『七人の侍』についても5日は休みとし、6日以降は「普通にできると思うが動きを見ながら」オープン戦に出場させると語った。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「ホークス」をもっと詳しく

「ホークス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ