ホークス大竹が3回1失点 工藤監督は評価、開幕ローテへ「候補の1人です」

3月6日(水)21時41分 フルカウント

無失点のドラ1甲斐野には「すべてを見せないのもいいところ」

■ソフトバンク 5-2 西武(オープン戦・6日・ヤフオクドーム)

 6日、ソフトバンクは西武とのオープン戦2戦目を戦い、5-2で勝利。前日の雪辱を果たした。

 先発は2年目左腕の大竹耕太郎投手。山川穂高内野手に一発は浴びたものの、2つの併殺を奪うなど3回を1失点に抑えた。紅白戦、練習試合で続けていた無失点は途切れたものの、工藤公康監督は「的を絞らせない投球だったし、低めに変化球を集めてというところでね。よかったと思います」と評価。開幕ローテ入りについては「候補の1人です」と語るに留めたが、その口調は力強かった。

 さらに、4回からは奥村政稔投手が2イニング、甲斐野央投手が1イニングと2人のルーキーがオープン戦2度目の登板でともに無失点に抑えた。

「非常に何とか抑えようという気持ちが表れていた。奥村くんはクイックも良かったし、牽制もできている。打者だけに集中しがちになるところで、しっかりとしたマウンドさばきができていた。甲斐野くんは、今日は真っ直ぐだけで抑えたが、他にもいいものがある。すべてを見せないのもいいところじゃないかな」

 その後の川原弘之投手も含めて、ブルペン陣の競争はますます厳しくなってくる。オープン戦中盤以降は先発投手のイニングも伸びてくるはずだ。指揮官は「(中継ぎ候補は)登板する機会も減ってくるが、1回1回集中して投げてほしい」とした。

 打線では1番に入った牧原大成内野手が先頭打者本塁打、6番の内川聖一内野手が2打席連続のタイムリー。1点差にされた直後の8回には、上林誠知外野手、西田哲朗内野手の連続タイムリーで突き放した。

「牧原くんは、凡打にはなったが次の打席で逆方向に打ったことを僕の中では評価している。内川くんはいいところで2本出たので安心できるところ。上林くんは粘りがヒットにつながったと思う。状態はいいとは言えないが、打席に立つことで状態を上げてくれたらと思って、最後まで使った」

 試合前の練習では、立花義家打撃コーチとともに上林について状態を確認する場面も見られたが、最後の打席でタイムリーが出たことで安心して侍ジャパンに送り出すことができそうだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「ホークス」をもっと詳しく

「ホークス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ