中日ドラ1根尾、初実戦後の一問一答 「あれはハプニング」と苦笑いの出来事は…

3月9日(土)21時29分 フルカウント

阪神メッセンジャーに2打席無安打「今まで経験したことないボール」

 中日のドラフト1位ルーキー根尾昂内野手が9日、阪神鳴尾浜球場で行われたウエスタン春季教育リーグの阪神戦で実戦デビューを果たした。「6番・DH」で先発出場し、阪神先発のランディ・メッセンジャー投手の前に空振り三振、四球で2打席無安打だった。

 2回2死走者なしでの第1打席は2ボール2ストライクからの5球目にバットが空を斬り、空振り三振に倒れた。5回無死二塁での第2打席は右腕のボールを見極めて四球。6回の打席で代打・石橋康太を送られ、デビュー戦はお役御免となった。

 試合後の根尾のコメントは以下の通り。

——グラウンドに入った時の思いは。
「打席に立たせていただけるということだったので、とにかく1打席も、1球も無駄にしないつもりでグラウンドに入りました」

——相手投手はメッセンジャーでした。
「相手ピッチャーの調子であったりは自分では管理できないですけど、自分の中で打ち損じであったり、打ちミスがまだまだあったので、自分のレベルをもっともっと上げていきたいなと思いました」

——1打席目は空振り三振。打席でやろうとしたことは。
「振るっていうことに関しては振っていけた部分はもちろんあったんですけど、もっとアジャストしていかないといけないですし、これからもっとやっていかないといけないことが見つかった打席だったと思います」

——2打席目はどのような意識で入ったか。
「ビハインドでしたし、とにかく後ろにつなぐ気持ちで打席に立っていました」

名古屋のファンに向け「ドラゴンズの勝利というのが、応援してくださる方々への1番の結果」

——この2打席で得た収穫、修正点は。
「振っていくということに関してはこれからも継続していきたいですし、これから色んなピッチャーと対戦させていただくと思うので、しっかりアジャストできるように、しっかり振っていった中でアジャストできるようにやっていきたいと思います」

——来週は名古屋でデビューする。名古屋のファンに向けて。
「自分のプレーはもちろんなんですが、チームの勝利、ドラゴンズの勝利というのが1番応援してくださる方々への1番の結果だと思うので、そこに少しでも貢献できるようにやっていきたいと思っています」

——今日は柿木投手もデビューした。
「自分は怪我してましたし、柿木であったり他の選手は怪我せずにキャンプもしっかりこなした上で入れているシーズンなので、自分はしっかり準備して、また柿木にも負けないようにやっていきたいと思っています」

——今後に向けて。
「できることに集中して精一杯やっていきたいと思います」

——今日の打席で得たものは。
「実戦の打席というか、実際にランナーも入った試合の形で打席に立たせてもらえたのが久しぶりだったので、シート打撃はさせてもらっていましたけど、また少しゲームとなると感覚としても違ったので、そこを今日は経験できたので次に生かしていきたいなと思います」

——最初の打席に入る前に重りが外れなかった。
「あれはハプニングです(苦笑い)」

——怪我から復帰しての初実戦。嬉しい気持ちは?
「はい、それはありました」

——初めて対戦したプロの投手がメッセンジャー。プロの投手のボールを見て感じたことは。
「やっぱり今まで経験したこと無いようなボールだったので。全体的に、ですかね」(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

フルカウント

「根尾昂」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「根尾昂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ