「ニューガンバでしょ!」左サイドを支える今野泰幸が語った好調の理由

3月12日(日)7時0分 サッカーキング

中盤の左サイドを務める今野 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

写真を拡大

「いい感じですよ!」。開口一番、今野泰幸は新布陣への手応えを口にした。

 10日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第3節、FC東京をホームに迎えたガンバ大阪は3−0で快勝。導入して間もない3バックの新布陣で、リーグ戦2連勝を飾っている。

 新布陣では中盤の左サイドを務める今野は、「前線からのプレスもはまってるし、ボールを取ってからのショートカウンターも増えている。リードしてからも引かないで、前からしっかり行けているし、いい感じじゃないですか」と確かな手応えを示した。

 しかし、「今日も不安はありましたよ」と明かした。「FC東京とは分が悪いのはわかっていたし、この前のホームゲームでは情けない試合(AFCチャンピオンズリーグ第2節 済州ユナイテッドFCに1−4で敗戦)をしてしまった。それが危機感にもなっていたと思います」。

 2連勝の要因については、「難しいですね……。でも、メンタル面じゃないですか。ACLでボコボコにやられて目が覚めたと思うし、前節の柏レイソル戦でがむしゃらにプレスかけたら結構ボールを奪えたので、行けば相手も嫌がるんだなってことがわかった。今日も立ち上がりからいいプレスをかけれたと思うし、それは勝因につながっていると思います」と分析。「これが本来の姿なのでは?」と記者から質問が及ぶと、「‟ニューガンバ”って感じですね。だって、おれが左サイドやってるんですよ。ニューガンバでしょ!」と、その表情は明るかった。

 プロ17年目を迎えた今季、中盤の左サイドという新境地を開拓中の今野。守るも攻めるも頼れる男は、「ニューガンバ」でもう一皮むけそうな予感が漂っている。

取材・文=三島大輔

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

今野泰幸をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ