森保監督がハンブルガーSVの伊藤達哉を初招集、「貪欲な姿勢」を評価

3月13日(火)14時53分 サッカーキング

HSVでプレーする伊藤。昨年末には2021年まで契約を延長した [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ハンブルガーSVに所属するMF伊藤達哉が、森保ジャパンに初招集された。

 13日、U−21日本代表を率いる森保一監督はパラグアイ遠征のメンバーを発表。今月下旬に開催される4カ国対抗の国際交流大会に出場する。

 昨年、ドイツで伊藤のプレーを視察した森保監督は、その後も映像をチェックしていたと話す。小柄ながら、スピードに乗ったドリブルで仕掛ける「貪欲な姿勢」を評価したようだ。

「彼に期待することは、前線でボールを受けて、そこから貪欲に相手のゴールに向かって行く姿勢です。目の前に相手がいてもそこを何とか突破して、チャンスやゴールにつなげていく。そういう貪欲な姿勢を示せる選手だと思う」

 伊藤は、2015年の夏に柏レイソルU−18からハンブルガーSVの下部組織に移籍。昨年9月のレヴァークーゼン戦でトップチームデビューを果たし、今シーズンはこれまでリーグ戦12試合に出場している。森保監督は、20歳のMFに「攻撃面で貪欲な部分を見せてもらいたい」と期待を寄せた。

サッカーキング

「ハンブルガーSV」をもっと詳しく

「ハンブルガーSV」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ