DSオートモービル、18年末開幕フォーミュラE向け『DS E-TENSE FE19』公開。パワートレイン一新

3月14日(水)13時2分 AUTOSPORT web

 ABBフォーミュラE選手権に参戦するDSオートモービルは、2018年末に開幕する第5シーズンに投入する新型マシン『DS E-TENSE FE19』を公開した。


 2018/19年に開催されるフォーミュラE第5シーズンは、“バットモービル”風の第2世代シャシーが投入され、バッテリー容量も増加。レース中の車両乗り換えが廃止される。また、このシーズンからはニッサンがワークス参戦することでも話題だ。


 PSAグループに属するDSオートモービルは2015/16年の第2シーズンからフォーミュラEに参戦。今季はDSヴァージン・レーシングとしてサム・バード、アレックス・リンの2名を起用している。


 2018年末の第5シーズンに向けて、DSオートモービルのパフォーマンス部門、DSパフォーマンスは2016年9月から開発作業を開始。ドライバーと380kgのバッテリーを含んだ車体総重量を900kgとするべく、開発を進めたほか、電子制御のブレーキシステムを核とする新たなエナジー・リカバリーシステムの開発にも取り組んできたとのこと。


 パワートレインはこれまで3シーズンで培ってきた経験を生かして一新。『DS E-MOTOR 19』と名付けた新モーターに専用開発のエナジー・リカバリーシステム、トランスミッション、クーリングシステムなどを組み合わせる。


DSパフォーマンスのディレクター、クサビエ・メステラン-ピノンは「来シーズン、フォーミュラEは大きな進化を遂げる。パワートレインは最大250kWの出力を持ち、バッテリー容量は54kWhになるんだ」と述べた。


「DS E-TENSE FE19のドライバーは、この高出力モーター・大容量バッテリーの恩恵をフルに享受するだろう。そして、これらはフォーミュラEによって電気自動車技術が飛躍的進歩を遂げたからだ」


「そしてDSブランドの顧客にも、フォーミュラEで得た技術を還元することができるはずだ」

DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』
DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』


DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』
DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』

DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』
DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』

DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』
DSオートモービルが公開した2018/19年シーズン向けフォーミュラEマシン『DS E-TENSE FE19』

AUTOSPORT web

「フォーミュラE」をもっと詳しく

「フォーミュラE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ