WTCR:2020年開幕戦ハンガリー戦を中止。ドイツ、スロバキア大会開催に向け新型コロナの動向を注視

3月14日(土)6時45分 AUTOSPORT web

 WTCR世界ツーリングカー・カップを運営するユーロスポーツ・イベントは4月24〜26日にハンガリー・ハンガロリンクで開催を予定していた2020年シーズン開幕戦を中止すると発表した。


 WTCRは当初モロッコ・マラケシュ戦でシーズン開幕を迎える予定だったが、同国出身の有力ドライバーであるメディ・ベナーニのシート喪失に伴う大会スポンサー離脱を受け、開催中止に。その代わりにシーズン初戦のスポットに入ったのがハンガリー戦だった。


 今回のハンガリー戦中止の決定は、ヨーロッパで急速に拡大している新型コロナウイルス(COVID019)感染症対策として、ハンガリー政府が「500人以上の人々を集めることを禁止する」との方針を打ち出したことを受けたもの。


 ユーロスポーツ・イベントは「開催中止は簡単な決断ではなかったが、人々の健康と安全以上に優先されるものはない」として中止を決断。また2020年内にハンガリー戦を実施するスケジュールは組めないとして延期ではなく、中止を決めたとしている。


 2020年のWTCRは1大会2レース制のフォーマットが採られ、全10大会で20レースが行われる予定だった。ハンガリー戦中止で全9大会での実施となるものの、ユーロスポーツによれば第5戦に組み込まれているスペイン・アラゴン戦で代替2レースを実施し、全20レースを維持するとのこと。


 開幕戦中止により、2020年のWTCR初戦は5月20〜23日のドイツ・ニュルブルクリンク戦、シーズン2戦目は6月5〜7日のスロバキア・スロバキアリンク戦となる。


 この2戦については現時点で予定どおり実施される見込みだが、ドイツ、スロバキア両国の関係当局と連携し、状況を見守るという。


 仮に、この2戦が中止された場合は、その後のポルトガル、オーストリアでの2戦と、中国か韓国のうち1戦を3レース制として年間20レースのフォーマットは維持する方針だ。


AUTOSPORT web

「新型コロナ」をもっと詳しく

「新型コロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ