レアル、CK2発で辛くも逃げ切り…下位相手にあわやドローも劇的弾で3連勝

3月14日(月)7時0分 フットボールチャンネル

【ラス・パルマス 1-2 レアル・マドリー リーガ第29節】

 レアル・マドリーは現地時間13日、リーガエスパニョーラ第29節でラス・パルマスとアウェイで対戦した。

 先制はマドリー。24分にイスコのCKをセルヒオ・ラモスがヘディングで合わせてネットを揺らした。

 リーグ戦でS・ラモスがヘディングによるゴールを決めたのはこれが27度目。これは、5大リーグでプレーするDFのうちチェルシーのジョン・テリーと並んで最多となる。また、これが通算で44得点目となった。

 主将のゴールで先制したマドリーが1-0のリードで前半を終える。

 後半に入ってもマドリーはなかなかゴールまで辿り着かない。逆にセットプレーからダビド・ガルシアに際どいシュートを打たれるなど、ラス・パルマスも反撃に出る。

 ゴールが奪えないマドリーは、その代償を払うことになる。87分、カウンターからウィリアン・ジョゼにゴールを決められて同点に追い付かれてしまう。

 しかし、マドリーはその2分後に勝ち越しに成功する。CKからカゼミロが今季初ゴールとなるヘディングを叩き込み、2-1とする。

 終盤に逆転に成功したマドリーだが、後半アディショナルタイムにS・ラモスが2枚目のイエローカードで退場処分を受けてしまう。S・ラモスの退場はこれでキャリア通算20回目。

 それでも、なんとかマドリーは勝ち切って3連勝となった。次節、マドリーはホームでセビージャと対戦する。

【得点者】
24分 0-1 S・ラモス(マドリー)
87分 1-1 ウィリアン・ジョゼ(ラス・パルマス)
89分 1-2 カゼミロ(マドリー)

フットボールチャンネル

レアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ