ハーフナー、デンハーグの歴史に名を刻む。シーズン13得点はクラブ史上3人目

3月14日(月)11時30分 フットボールチャンネル

 オランダ・エールディヴィジのADOデン・ハーグに所属する元日本代表FWハーフナー・マイクは、現地時間13日に行われたユトレヒト戦で今季13得点目となるゴールを挙げた。

 クラブ史上1シーズンで13得点以上を記録した選手は2人しかおらず、ハーフナーは3人目の選手となった。

 最多得点は元ロシア代表のドミトリ・ブリキン氏が記録した21得点で、現在はフェイエノールトでプレーするミシェル・クラーメルの17得点が次に続く。

 リーグ戦は残り7試合となっているため、ハーフナーがさらにゴール数を伸ばす可能性は高い。

 今月行われるロシアW杯二次予選で1年半ぶりの日本代表復帰が濃厚となっている194cmの長身ストライカーは、父の祖国でもあるオランダでどれだけ記録を伸ばせるだろうか。

フットボールチャンネル

デンハーグをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ