香川の“0トップ”を採用か。3部とのドイツ杯挑むドルト、幻の先発メンバーで再び“実験”へ

3月14日(火)15時3分 フットボールチャンネル

一度は開催中止となったロッテ戦。トゥヘル監督は香川の0トップを採用か

 ドルトムントは現地時間14日、DFBポカール(ドイツ杯)準々決勝で3部のシュポルトフロインデ・ロッテとアウェイで対戦する。本来は2月28日に開催される予定だった一戦だが、大雪の影響で試合開始直前に開催が中止となっていた。ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、敗れた直前のヘルタ・ベルリン戦に続いて香川真司の“0トップ”を採用することはあるのだろうか?(文:本田千尋【ドイツ】)

———————————–

 2試合連続で先発なるか。2017年3月14日のDFBポカール準々決勝、ボルシア・ドルトムントは、アウェイでシュポルトフロインデ・ロッテと戦う。

 本来は2月28日に行われる予定だった3部に所属するロッテとの試合。大雪の影響によるグラウンドコンディション不良のため、試合開始40分前に中止が決定した。3月3日、ドイツサッカー連盟は14日にオスナブリュックで代替試合を行うことを発表。オスナブリュックはロッテの東に隣接する地区だ。

 いずれにせよ、ドルトムントと同じくノルトライン=ヴェストファーレン州に属しており、移動の負担は少ない。11日にベルリンで試合をしたばかりのドルトムントにとっては、助かるところもあるかもしれない。

 2月28日に予定されていたロッテ戦では、試合開始前に1度先発メンバーが発表されていた。幻のロッテ戦のメンバーは以下のとおり。

【GK】ビュルキ
【DF】ドゥルム、ピシュチェク、バルトラ、シュメルツァー、ゲレイロ
【MF】バイグル、カストロ、香川真司
【FW】オーバメヤン、ロイス

 11日に行われたヘルタ戦のスタメンと比較してみると、ギンターではなくピシュチェク、そしてシュールレではなくロイスの名前が入っているのみで、他の選手たちの顔ぶれは変わらない。ほぼ同タイプの選手のみが変わっている。つまり、サッカーの質は変わらない、ということだ。

 そしてFWの枚数と、何より香川真司も名を連ねていることを見てみれば、トーマス・トゥヘル監督はここで1度、香川を軸にした“0トップに近い形“を試しておきたかったようである。

実験対象となっていたロッテ戦。侮ることはできない相手だが…

 2度目のロッテ戦でも、ヘルタ戦に続いてトゥヘルは“香川の0トップ”を採用するだろうか。

 ヘルタ戦で行った実験でトゥヘルが一定の成果を得られたのであれば、ロッテ戦では再びテストを行わないかもしれない。トゥヘルはヘルタ戦のチームパフォーマンスには満足したが、試合は1-2で敗れている。連敗は避けたいところだ。

 何よりロッテ戦は、一発勝負のカップ戦。出来るだけリスクを排除し、高い確実性を伴ったサッカーで勝ち上がりを決める必要はあるだろう。

 しかし、トゥヘルがそもそもロッテを格好の実験対象と捉えていたからこそ、香川が先発に名を連ねて、0トップに近い形を採択したのかもしれない。ロッテは3部所属だが、ポカールの1回戦ではレバークーゼンを破っており、決して侮ることはできない。

 それでも彼らの戦力を考えれば、圧倒的な差は否めない。ヘルタ戦では勝利を収めることが出来なかったからこそ、ここでもう1度、香川の0トップで挑むことも考えられる。勝ち試合で終えることで、ようやく実験は完了する、というわけだ。

 もちろん、実験や布陣に捉われず、ヘルタ戦での香川そのもののパフォーマンスを振り替えれば、2戦連続スタメンは十分に考えれるところである。

(文:本田千尋【ドイツ】)

フットボールチャンネル

「ドイツ杯」をもっと詳しく

「ドイツ杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ