トッテナム、韓国代表FWへの人種差別的チャントを非難。「調査に協力する」

3月14日(火)8時22分 フットボールチャンネル

 現地時間12日に行われたイングランド・FAカップ準々決勝のトッテナム対ミルウォール戦で、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンに対して人種差別的なチャントが浴びせられていたとして問題視されている。13日付の英紙『インディペンデント』など複数メディアが伝えた。

 3部のミルウォールをホームに迎えたトッテナムは、エースのFWハリー・ケインが開始早々に負傷する不運に見舞われながらも、6-0の大勝で準決勝進出を決めた。ソン・フンミンはハットトリックを達成して試合のヒーローとなっている。

 だが、英国でも特に過激であることで知られるミルウォールのサポーターは、この試合で韓国代表FWに向けて人種差別的なチャントを歌っていた疑いが持たれている。トッテナムは、「あらゆる人種差別的言語の使用を強く非難する。チャントを歌っていた者たちの特定に協力するため全ての映像を当局に提出する」と声明を出した。

 ミルウォールはレスター・シティを下した5回戦(ベスト16)の試合でも、サポーターが挑発的・脅迫的な態度を取っていたとして、レスターからの訴えを受けたイングランドサッカー協会(FA)が調査を行っている。今回の件に対してもFAは調査を開始したとみられている。

フットボールチャンネル

調査をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ